肩こり、首こり、腰痛、鬱まで。原因はスマホによるストレートネック!

 

スマホ首、聞いたことある方も多いと思います。

スマホ首とは、首が過度に下を向いた姿勢や

首が前に出た前傾姿勢です。

これらの姿勢はとても危険なんです。

 

首や肩の筋肉に過度な負担をかけるだけではなくて、

首の神経を圧迫します。

その結果、様々な体調不良を訴えいる人が増えているんです。

肩こり、首こり、頭痛、めまい、腕のしびれ、眼精疲労、

視力低下だけでなく、自律神経失調症や不安感、

イライラ、抑うつ状態などの精神面にも影響を及ぼします。

さらに恐ろしいことに、スマホ首を放っておくて、

慢性化して、やがては頚椎の関節そのものが

変異してしまうんです。

この状態をストレートネックと言います。

 

一度ストレートネックになってしまうと、

元に戻すのがかなり大変です。

上を向くのが辛いようであれば、

ストレートネックを疑ってみてください。

 

スマホ首は体幹を鍛えることが大切です。

スマホ首は、前傾姿勢やうつむき姿勢が多いので、

ほぼ100%体験の筋肉が落ちています。

体幹とは、胸、腹部、背中、腰、お尻といった

体の根幹となる部分です。

 

この体幹の筋肉が落ちたままだと、

良い姿勢を保つことはできません。

首を支えきれないんです。

 

その結果、猫背になって、

どうしても姿勢が悪くなってしまいます。

 

そこで、まず大切なのが、胸鎖乳突筋

(耳のすぐ下から鎖骨の中心まで伸びている筋)を

マッサージして緊張を取ることがとても大切なのですが、

それと同時に体幹を鍛えるのが効果的です。

 

体幹がしっかりすることにより、

背骨が安定し、良い姿勢でいるのが楽になります。

 

スマホを待つときも、腹圧が入るので、

頭も正しい位置に戻しやすくなるからです。

また、首から背骨が正しい位置に戻ると、

自律神経の働きも正常になり、活発化しますから、

不調が解消されます。

 

そして!体幹が鍛えられると骨盤も正しいしに保たれます。

体重を受け止めている骨盤や股関節がしっかりすると、

上半身の力も自然に抜けますから、

立っていても座っていても体を保つのが楽になるのです。

スマホ首を治すことが、骨盤の安定にも繋がるのですから

これはやるしかないですね!笑

 

体幹を鍛える腹筋運動

①仰向けに寝っ転がって、両膝を90度に曲げます。

②両膝を曲げたまま、息を吐きながら

ゆっくり両足を上げ、膝がおへその位置まで持ち上げます。

③膝を曲げたまま両足を床からギリギリまで下げます。

④息を吸いながら、ゆっくり膝を曲げたまま

両足をおへその位置まで引き上げます。

 

これを20−30回繰り返すだけです。

ね、簡単でしょ?

 

慣れてきたら、回数を増やして行きましょう。

また、この腹筋運動をやるなら夜の寝る前が効果的です。

なぜなら、人間は寝ている時間帯に

成長ホルモンの分泌量が増え、

筋肉や皮膚の再生機能が活発になります。

なので、腹筋後に就寝すると、

使った腹部の筋肉が修復され、

その部分の筋肉がつきやすくなるんです。

 

でも、息がハァーハァーするほどの激しい運動をすると、

交感神経が高まり眠れなくなってしまうので、

あくまでゆっくりと深呼吸をしながら行うことがとても大切です。

 

こんな簡単な腹筋なのですが、体幹の筋肉を鍛えるので、

見た目はもちろんのこと、体重が減る方が多いようです。

これはスマホ首改善の副産物ですね。

ぜひお試しください。

 

参考図書;「スマホ首」があらゆる不調を引き起こす! 鄭信義著

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール


4人の子どもと旦那さんの6人でアメリカ在住。
地元でYOGAed.キッズヨガクラスを開催しながら、日本でキッズヨガインストラクター養成講座を開催するトレーナー。
そして、産前産後のママ達に、骨盤調整ヨガを指導させていただいています。

もっと詳しく見る

YOGAed.キッズヨガ(PI1&2)開催

2018年7月、アメリカで生まれたYOGAed.講師養成プログラム、プロフェッショナルインスティテュート1、2が連続開催されます! もっと詳しく見る
2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る