花粉症は、脳の記憶の病気?意外な対策法。

花粉症の季節ですね。。。

幸い、私はまだ花粉症にはかかっていないのですが、

花粉症の方にっては辛い季節ですね。

そこで、今日は、脳科学の専門家のNさんに教わった花粉症対策イメージトレーニングを

ご紹介します。

Nさんは、この方法を試して花粉症が治ってしまったのだそうです。

1。新聞やテレビの天気予報で「花粉情報」を絶対に見ない。

花粉症の人は、新聞やテレビで花粉情報を見聞きするだけで、症状が出るように、、花粉症は「記憶の病気だと言われています。カfん情報によって、花粉症の記憶が世に帰り、花粉を体外に出そうとする記憶が脳の中で再生され、目が痒くなったり、鼻水が出たり、咳が出るのだそうです。

花粉症の記憶をよみがえらせる「花粉情報」は絶対見ないこと、これが大事だそうです。

 

2。街でマスクをした人がを見かけたら、「ただの風邪」だと思う。

これも上記の理由と一緒ですね。「マスク」をしている人を見かけたら、「花粉症」だと思うだけで、花粉症の症状が出ることがよくあるそうです。マスクをしている人を見ても、花粉症ではなく、ただの風邪だと思うようにしましょう。

 

3。うがい、鼻うがい、洗顔をする。

毎日、外出から戻ったら、うがい、鼻うがい、洗顔を心がけましょう。

鼻うがいとは塩水を鼻から吸い込んで口から出すうがいのことです。

歌手もこの鼻うがいで喉を守っているとのこと、

4。記憶の回路を書き換えるイメージ・トレーニングをする。

(1)花粉症の友人を一人思い浮かべる。

(2)その人とカフェやオフィスでお茶を飲んでいる場面を想像する。

(3)あなたが友人に、『花粉症は記憶の病気だから記憶の回路を書き換えれば簡単に治るよ。』

といとも簡単そうにいう。

(4)友人が、「え、そうなの?そんなに簡単に治るの?」と聞いてくる。

(5)あなたは、「簡単だよ。だって私も治ったもの。」という。

これは、脳は現実とイメージの区別がつかないという特徴を利用したイメージ・トレーニングです。

エーーー、まさか困難で治るの?って思っちゃうかもしれませんが、

Nさんは、このトレーニングを毎日繰り返すことにより、

脳の記憶の回路を書き換えたために、約1週間で治ったそうです。

 

花粉症でお悩みの方は、ぜひこの春試してはいかがでしょうか?

それでは、今日も充実した素敵な1日をお過ごしくださいね。

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール


4人の子どもと旦那さんの6人でアメリカ在住。
地元でYOGAed.キッズヨガクラスを開催しながら、日本でキッズヨガインストラクター養成講座を開催するトレーナー。
そして、産前産後のママ達に、骨盤調整ヨガを指導させていただいています。

もっと詳しく見る

YOGAed.キッズヨガ(PI1&2)開催

2018年7月、アメリカで生まれたYOGAed.講師養成プログラム、プロフェッショナルインスティテュート1、2が連続開催されます! もっと詳しく見る
2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る