自然分娩と無痛分娩。どっちがいいか迷いますか?

自然分娩と無痛分娩。

どちらがいいのでしょう。。。

私は、上の3人の子供は日本で自然分娩。

4人目をアメリカで無痛分娩で出産しました。

自然分娩は、麻酔無しですね。

陣痛の痛みを逃すのが一番大変なので、

鼻からスイカと言われる産む瞬間の痛みはほとんど感じなかった。

という方が多いですね。

 

一方、無痛分娩は、麻酔の注射のタイミングさえ合えば、

陣痛の痛みをほとんど感じません。

私の出産の時は、陣痛の間、

夫と紅茶を飲みながらの「いきみ待ち」でした。

陣痛の強さを表す波形は着実に大きくなっているのに、

陣痛の痛みは全くなく、お腹の皮が痺れて痒い感じでした。

 

麻酔のタイミングさえ合えば。。。というのは、

大きな病院の場合、陣痛が始まってから麻酔を頼んでも、

麻酔師になかなか来てもらえず、

結局陣痛の痛みをガッツリ経験したという方よくいるのです。

私の場合は、病院に着いてすぐに麻酔をお願いしたので、

陣痛が始まる頃には、バッチリ麻酔が効いてました。

 

自分の横にある陣痛計測器の波形をよそに、夫と談笑です。

過去3回の出産との違いに、本当に信じられなかったです。

子宮口が10センチとなり、看護師さんに

「それではそろそろいきみましょうか?」と言われて、出産でした。

 

 

なので、自然と無痛、どっちがいいの?と効かれたら、

麻酔のタイミングが合えば、断然無痛の方がラク。だと思います。

ただし!

産後の回復を考えると、わかりません。

というのは、無痛分娩は、陣痛の痛みがない分、あまり疲れません。

疲れないから、産後直後から体が動けてしまうんです。

体が受けた衝撃は自然分娩と同じにもかかわらず。。

そうして産後すぐにパタパタと動いてしまうことが、

骨盤の歪みに影響するように私は思います。

特に私は4人目だったこともあり、上の子供たちもいるため、

産後二日目からパタパタ立ち働いてしまいまいした。

 

それが原因かわかりませんが、過去3回の自然分娩では感じなかった骨盤の違和感(歪み)がしばらく残りました。

ですから、自然と無痛。どっちがいい?

と聞かれたら、体力的にラクなのは断然無痛。

でも、産後は骨盤が綺麗に閉じるように、

あまり動かず静かに寝ているようにしてください。

とお答えしています。

また、無痛分娩を選択することに、

母親として罪悪感を感じるママもいるようですが、私はそうは思いません。

 

子供に対しての愛情は、「産みの苦しみ」より「育ての苦しみ」より生まれると思います。

子供と一緒に、あーでもない、こーでもないと毎日悪戦苦闘しながら子育てし、

「アーーーもうだめ。」思った時に、子供の笑顔に全ての苦労を忘れる。。。

そして気持ちも新たにまたイチから。。。

この繰り返しが育児。。。

こうして子供への愛情、母親としての自覚が育ってくるのではないかと思います。

 

もし、自然と無痛。選択肢があるのなら、ママ本人が望む方でいいんです。

自然分娩の陣痛を経験してみたいなら自然で産めばいいし、

痛みが苦手なら無痛で産めばいいんです。

 

自分がどうしたいか?

どんな出産をしたいのか?

 

です。

こうして、自分の気持ちと向き合うことが一番大事なのだと思います。

どっちでも大丈夫。

あなたが居心地いい方を選んでくださいね。

Follow me!

LINE@でもお問い合わせできます!

LINE@ならお問い合わせもカンタン!一対一のメッセージで返信いたします。

メルマガとは違うLINEだけの限定無料配信もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です