子供の成長を親が奪う時。親が言ってはいけない言葉とは?

先週、金曜日、土曜日と、高校2年生の長女の通う学校で、大きな行事があり、娘は日本チームのリーダーの一人をしていました。

日本チームは、日本の伝統芸能として和太鼓の演奏、ソーラン節、JPOPを披露しました。

特にこの和太鼓は、代々先輩から受け継がれた打ち方があり、それを後輩へと伝承していくのです。

みんな遅くまで練習し、時には意見がぶつかり合うこともありましたが、話し合いを重ね、友達の意見を優先したり、自分の意見を主張したり、時には泣いたり、笑ったりと、、、、。まさに青春!

娘は、リーダーという立場で、チーム内をまとめるために何が最善か?リーダーとして取るべき態度は?と日々悩む後ろ姿を、こうやって、いろんなことを感じ、学んで行くんだなぁぁと、ただただ眺めていました。

 

親としては、良かれと思って、ついつい「こうした方がいいわよ。」ってアドバイス的なことを言ってしまいたくなりますが、そうすると、子供は頭を使って「考える。」ことをやめてしまうんですよね。

数学の問題と一緒です。

この問題をどうやって解くか?

と考える時が一番大事!楽しい!

そして、解答方法が閃いた時の、目が覚めるような喜び!

それを一度味わった子供は、その後どんな難しい問題にぶつかっても、それを解くことを喜びと感じられるようになります。

それを親が奪ってはいけないんです。

それは人生でも同じですよね?

大学行った方がいいわよ。

大きな会社に就職した方がいい。

年収の高い人と結婚した方がいい。

私たち親自身の今までの経験で、こうした方がいい。という思いがあると、「子供のために」言ってしまいたくなります。

でも、それは、せっかくの彼らの「考える。」チャンスを奪っているんです。

それに、そのアドバイスは、所詮「あなたの人生」におけるアドバイスです。

子供達は、もっともっと大きな可能性を秘めているんです。

私たち大人が想像も及ばないほどの可能性を。

それを、たかが大人の私たちの「ちっぽけな経験」で、彼らの可能性を限定してはいけないと思うんです。

 

今、娘は、イベント最終日までの、自分たちが乗り越えてきた色んな問題を思い返し、とても感慨深げです。

人間が、「成長する。」という瞬間、過程を間近で見れて、幸せを噛み締めています。

 

そう、明日は、ヘリコプターママと芝刈りママのお話をしましょう!

では明日。^ ^

 

 

 

Follow me!

お気軽にLINEでお問い合わせください。

LINE公式アカウントなら、お問い合わせもカンタン!
一対一のメッセージで返信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です