産後の仕事復帰、タイミングはいつがベスト?

出産後の仕事復帰をいつにするか悩みますよね。
育児休暇中で、育児休暇に入る前に仕事復帰の日を決めてきた方もいるかもしれないし、
生まれてから考えようと思っていた方もいるでしょう。

最近は、育児休暇の期間が長くとれる会社も多くなっているので、選択の幅が広いだけに余計考えちゃいますね。

特に出産直後は、育児が想像以上に大変で、こんな大変なことやりながら仕事復帰なんて、無理無理!と感じちゃうのも当然です。

でも、3ヶ月もすれば、あなたはもう「母のプロ」。

ご飯の支度の合間に赤ちゃんにミルクをあげ、スマホをチェックし、本を読む、そして自分の栄養補給にクッキーつまむ。なんてこともやってのけるようになってます。

3ヶ月も過ぎると、今度は赤ちゃんが可愛くて仕方なく、こんな可愛い子を置いてなんていけない!
と思う方もいるでしょう。

3つ子の魂100まで。
という言葉にも心が揺れます。

授乳期間の1年間、無理なら3ヶ月だけでもいいから、この期間は、できるだけ母親が赤ちゃんを抱きしめて抱きしめて、赤ちゃんにしっかりと愛を与えることができれば、その赤ちゃんは「自分は大切な存在なんだ。」と自己肯定感育むことができます。

自己肯定感さえしっかりしていれば、その子は、どんな状況になろうとも、自信を持って人生をやっていけるんです。

自己肯定感は、1年間、母親が徹底的に赤ちゃんと関わることで基礎ができるんです。

ですから、育児休暇をできれば最低1年間はとるのが理想と思います。
とは言っても、保育園事情もありますから、産後ちょうど1年後に保育園に入れるか。。なんてわかりません。

通常、自治体の認可保育園は、4月の入所を逃すと、次の春まで入所はとても難しいです。

ですから、必ず仕事復帰したい!と思っている方は、何月にお子さんが生まれようと、0歳児クラスの4月の復帰をお勧めします。

4月は、その年齢、0歳児クラスの定員数が募集されるからです。
翌年は子供は1歳児クラス。ゼロ歳児クラスのほとんどの子供が1歳児に進級するので、クラスの定員が増員されたとしても、その数は、2−3名の場合がほとんど。
そうなると、その2−3名の枠を取り合うことになるのです。
この枠に入るのは、とても大変です。

そこでまた入れないと、また一年待ちです。
それか無認可保育園に入れるしかありません。

見学されたら一目瞭然ですが、、認可保育園と無認可保育園では、設備も先生の数も予算も全然違います。
やはり理想は認可保育園に入れてあげたいですよね。

母親が働いて、子供と接する時間が短いからと言って、子供への愛が足らなくなるわけではありません。
子供と一緒にいる時間が短時間しかなくなったとしても、その数時間を子供とガッツリ向き合う覚悟があれば、子供は安心するのです。
私の場合は、短時間だからこそ、余計なことで子供を叱ったりすることもなく、子供との時間がとても濃い時間となりました。

決して、子供と向き合いながら、やり残してきた仕事を明日どうするか。。。なんて、考えないように。

そこのスイッチのON とOFFは、子供にとってもママ自身にとってもとても大事です。

仕事的にも、1年以内の仕事復帰なら、感覚も鈍ってないし、仕事復帰するときあまり大変ではありません。これが、2年、3年となると、
仕事復帰してから感覚が戻るまでが非常に大変です。

オススメは、0歳児の4月に保育園入所かと思います。

でもね、
ご自身が、もう少し赤ちゃんと一緒にいたい!と感じるなら、それは、自分の声に素直に従った方がいいです。

自分が何をしたいか。
どうなりたいか。
今、この時に、自分の声を聞いてあげてくださいね。

あなたの声を聞けるのはあなただけなのですから。

Follow me!

お気軽にLINEでお問い合わせください。

LINE公式アカウントなら、お問い合わせもカンタン!
一対一のメッセージで返信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です