妊娠初期、やってはいけないこと。なぜ体を冷やしてはいけないの?

妊娠初期は、お腹がペッタンコで赤ちゃんを本当にお腹の中にいるのかどうか、自覚がないから、

定期健診で病院へ行って赤ちゃんの姿を画像で見るたび心からホッとしました。

でも、安定期に入るまでの4ヶ月までは、本当に大事に過ごして欲しいです。

このころは、まだ胎盤も安定していないから、赤ちゃんの存在は非常に危なっかしいのが本当だからです。

だから、妊娠に気づいたら、風邪を引かない。体を冷やさない。無茶をしない。

この3つはくれぐれも守ってくださいね。

<h3 class=”風邪をひかない。”>

風邪をひくと、どうしてもお薬を飲んで治そうと思いますね。

でも、妊娠3週までのの薬の影響はまずないと言われていますが、4−15週は、体の基礎を作る時期ですから、市販の区するは元林、ビタミン剤も医師への相談なしには飲まない方が良いです。

また、妊娠に気づいたらお酒はやめたほうが良いですね。。

母親の一杯のお酒で赤ちゃんは何十万年も酔っ払ってしまうそうです。

でも、私が一人目を産んだ時の主治医の先生は、都内でも産婦人科医としてとても有名な先生でした。

その先生のモットーは、赤ちゃんに一番よくないことは、妊婦のストレス。

だから、もし、私がお酒が大好きでどうしてもやめられない。というのであれば、安定期に入ったら、1週間に1日、ワイングラス2杯までながら飲んでいいよ。と言われました。

だから、何か集まる会があると赤、白1杯ずつは飲んでいましたね。。

その代わりタバコは絶対ダメ。と言われました。

私はその約束を忠実に守り飲んでいました。笑

おかげさまでストレスもなく、子供達はとても元気で、全く成長に問題もないです。

が、あれから17年。今は、妊婦の飲酒はかなりタブーですよね。

なので、時代だったのかもしれません。

 

<h3 class=”体を冷やさない。”>

これは、女性なら妊娠初期のみならず、一生に渡って注意すべきことです。

なぜ体を冷やすといけないのか?

体が冷えると、その周りの筋肉の動きが悪くなります。

すると、その筋肉の間を通る血管が収縮し、血行が悪くなってしまうからです。

人間の血管は、毛細血管まで全部つなげると、地球を二巻半する長さがあるんです。

健康な人なら、全身の血管を血液が一周するのに、23秒しかかかりません。

が、体を冷やすと先の理由から血の流れが阻害されますから、体の悪いところが沢山出てくるわけです。

特に、赤ちゃんは、胎盤から栄養をもらうことで生きているので、その赤ちゃんへ十分な血液を送ることができなくなる。

ということなんです。

妊娠すると、おばあちゃんから、

足首を冷やしてはダメよ。と言われませんでしたか?

初めて聞いた時は、なんで?と思いましたよね?

あれは、昔から言い伝えられたとても理にかなっている教えなんです。

足の内側の、くるぶしの一番高いところに指を揃えて小指を置いて、4本目の人差し指が終わった場所に、「三陰交」というツボがあります。

このツボは女性特有の子宮系の病気の全ては、ここを冷やすことによって怒ると言われています。

ですから、このツボは女性は一生涯に渡って冷やしてはいけない場所なんです。

ですから、妊娠初期や子宮内膜症や生理不順など子宮系の調子が良くないと自覚のある方は、この三陰交のツボを温めるように、レッグウォーマーを吐いたり、足浴したり、足の裏のツボを刺激するなどしてみてくださいね。

ただし、この三陰交のツボは、陣痛を進めるツボでもあるので、妊娠初期や切迫早産傾向にあると言われた妊婦さんは触らないように気をつけてくださいね。その代わり、陣痛始まったら、ここを軽く押して刺激すると、陣痛の進みが早くなると言われています。

 

<h3 class=”足の裏のツボマッサージ”>

足裏マッサージは、全身のツボをマッサージするのと同じ効果がありますから、妊婦さんが行うには非常に安全で効率のいいマッサージ法です。

①まずは両手を前の床に置く。

②自分の左足の裏を天井に向けて、その上を自分の右足の膝を立てて、右かかとを左足裏にTの字になるようにあてがう。

③お尻を床から持ち上げて、体重を両手にかけたりかかとにかけたりを交互に繰り返しながら踏む。

 

そして、最後に、妊娠初期は無茶をしない。

これから出産までの10ヶ月間を、無事に乗り切るために、もう一人の体ではない。ということを頭と体で勉強していく時期なんです。

ですから、常に、自分だけの体じゃない。私の中には赤ちゃんがいる。ということを思い出して行動することがとても大事なんですね。

この感覚が、出産の時に、独りよがりの出産ではなく、赤ちゃんと息を合わせた出産=安産へと繋がる鍵となるんです。

一番大事なこと。

それは、赤ちゃんと呼吸を合わせる。ことなんですね。

Follow me!

LINE@でもお問い合わせできます!

LINE@ならお問い合わせもカンタン!一対一のメッセージで返信いたします。

メルマガとは違うLINEだけの限定無料配信もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です