骨盤底筋群の運動に最適な時とその方法

生理の時こそ、骨盤底筋群を鍛える最適な時って知ってましたか?

出産後、体重も戻ったのに、下っ腹だけがポッコリ出たままで、なんで?

と思っていませんか?

出産で骨盤が全開となった時、膣口の周りの骨盤底筋群も、もちろん一時的に伸びきった状態になります。

お腹の筋肉も、赤ちゃんが入ってる間、バスケットボールのように大きくなるわけですから、腹直筋を始めお腹の筋肉は伸びきった状態になります。

 

伸びきった状態とは、使い古した輪ゴムを想像してもらえばわかりますよね?

 

だから、産後は、特に、骨盤底筋群と腹筋を鍛えないと、骨盤底筋群が緩んでいるために内臓が下垂し、下っ腹がポッコリ出るし、または、腹筋が弱いためにお腹が出る。

ということが起こります。

これは見た目だけでなく、腰が腹筋の力を借りれないので、腰に過度な負担がかかり、腰痛の原因にもなるんです。

そこで骨盤底筋群を鍛えるには、ケーゲル体操ですね!

膣口を締めたり緩めたりを繰り返す運動ですね。

実は、この運動、初めの頃は、自分がちゃんと出来てるかどうかわかりづらいんです。

今までこんなとこ、動かそうと思ったことないですもんね。。。。

 

でも、生理の時にこのケーゲル体操をやってみると、自分ができてるかできてないかがよくわかるんです。

整理中に、骨盤底筋群(膣口)を軽く引き締めます。

こうすることにより、経血が子宮内に留まります。

そして、30分くらいしてトイレに行って、骨盤底筋群を緩め下腹に力を入れるようにすると、経血が出てきます。

そう、おしっこのように。。。

そして、また普段は骨盤底筋群を軽く引き締めて過ごす。。。。

これが慣れてくると、生理用パッドがあまり汚れなくなり、

おしっこのように、トイレで経血を出す。ことができるようになります。

ただし、ホールドできる時間はそんなに長くはないので、もし1時間に一度トイレに行ければ、生理用パッドがほとんど汚れず過ごすこともできるようになりますよ。

 

そんなことムリーー!と感じられたかもしれませんね。

でも、慣れてきたら、絶対出来るんです。

だって、パンツを履いていなかった江戸時代までの女性は、みんな出来ていたんですから!

絶対できる!のですよ。

 

最近、お店で売られている生理用パッドがどんどん大きくなっているの、お気付きですか?

そう、現代の女性は、骨盤底筋群が緩んでいる人が多いのと、骨盤底筋群をコントロールするという意識がないため、経血が常に垂れ流し状態。よって、生理用パッドがどんどん大きくなってきているのでは。。。と私は思います。

 

ぜひ、次回の生理が始まったら、半分ゲーム感覚で、月経血コントロールを試してみてください。

骨盤底筋群の運動ができてるかできてないか、視覚的にわかりやすいので、

オススメですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール


4人の子どもと旦那さんの6人でアメリカ在住。
地元でYOGAed.キッズヨガクラスを開催しながら、日本でキッズヨガインストラクター養成講座を開催するトレーナー。
そして、産前産後のママ達に、骨盤調整ヨガを指導させていただいています。

もっと詳しく見る

YOGAed.キッズヨガ(PI1&2)開催

2018年7月、アメリカで生まれたYOGAed.講師養成プログラム、プロフェッショナルインスティテュート1、2が連続開催されます! もっと詳しく見る
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る