糖質制限ダイエット:夕食抜きでワインを飲むのは逆効果!

今日は、最終日3週間目に突入です。

今まで、朝食は抜きか食べてもペストリーかクロワッサンをかじる程度の私が、今では朝食を食べないで1日をスタートすることができない体になってきました。

朝、あれだけお腹がもたれていたのが嘘のよう。

夜もシッカリ食べてるのに。。。

ダイエット前は、それこそ、我流ダイエットで、夕食はつまむくらいで、ご飯も食べませんでした。

そう、夜の一杯のために。

そして、寝る前にワインを飲んで、翌日顔がむくんでいたのです。

夕食を抜いて、ワインを飲むといことは、非常に体に良くないんです。

ワインのおかげで一気に血糖値がゼロからトップまで上昇するため、血糖値が低い時に起こる、脂肪溜め込みモードから、血糖値が高い時に起こる、脂肪溜め込みモードに一気に移行するからです。

そして、急に上がった血糖値を下げるべく、膵臓からインスリンがドドーッと体内に放出されるわけです。

そして、血糖値が一気に下がる。。血糖値の急激なアップダウンは、体にとても負荷がかかるばかりでなく、もちろん肥満の原因にもなり、太りやすい体質になっていきます。

だって、このタイプの人(ダイエット前の私)の食生活は、普段お腹すき気味で1日を過ごし、夜にワインぐびぐび飲むわけです。

もう体は、待ってましたーー!とばかりにワインの糖分を吸収し、またいつご馳走にありつけるかわからないから、脂肪に変えて体に溜め込むわけですよ。健気ですよね。。。

太りたくない。と思ってやっていた少食が、実は、デブへの道をまっしぐらに突き進んでいたとは。。。。

 

でもですよ!

ちゃんと栄養があるものを食べてさえいれば、夜、多少食べ過ぎても、

体はむくんだりしないんだなと。。改めて実感したのです。

ちゃんと栄養があり血糖値が上がりづらい野菜などを食べることにより、血糖値が緩やかに上昇するから、インスリンもそんなに大量に放出されず、血糖値は高過ぎず低過ぎない。脂肪燃焼モードにずっといることができるわけです。

 

体って本当に賢い!

 

朝食も、食欲モリモリではないにしろ、食べられる。。

朝食抜きは今では考えれらない自分がいます。

 

それでは今日のメニューです。

15日目朝食

レモン温水500ml

スクランブルエッグ(ほうれん草、ケール、パプリカ)オリーブオイル、塩胡椒

 

スナック

プロテインシェイク 500ml

人参スティック、ミニトマト

バナナ半分

 

昼食

水500ml

ゆで卵、サラダ、アボガド半分

 

スナック

プロテインシェイク 500ml

バナナ

 

夕食

水500ml

サーモンの照り焼き

ミックスサラダ、ほうれん草、

マッシュルーム、インゲン炒め(オリーブオイル、塩コショウ)

野菜スープ(白菜、青梗菜、ケール、鶏肉)チキンストック

 

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール


4人の子どもと旦那さんの6人でアメリカ在住。
地元でYOGAed.キッズヨガクラスを開催しながら、日本でキッズヨガインストラクター養成講座を開催するトレーナー。
そして、産前産後のママ達に、骨盤調整ヨガを指導させていただいています。

もっと詳しく見る

YOGAed.キッズヨガ(PI1&2)開催

2018年7月、アメリカで生まれたYOGAed.講師養成プログラム、プロフェッショナルインスティテュート1、2が連続開催されます! もっと詳しく見る
2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る