キッズヨガ:お菓子を欲しくて駄々をこねる子供の対処法!?

キッズヨガでは、体の部位(頭、肩、お尻、膝、、、)を一つ一つ丁寧に動かしていきます。

これには、意外と深い意味があるって知ってましたか?

 

よく、スーパーマーケットとかで、小さな子供が、「お菓子、買ってー!」と、駄々をこねて、床に寝転がってたりするの見たことありませんか?

あの時の子供の気持ちってどんなか想像したことありますか?

あの時って、子供は、お菓子が買いたい!

どうしても買ってもらいたい!

でも、買ってくれたない。

ということにムカついているんですよね。。

自分の意見が通らないことにムカついて、でも、その自分の気持ちをどうしていいのかわからないから、床に寝転がって、ジタバタするわけです。

どうしていいか子供たちもわからない。。。

自分の「心の波」に完全に飲み込まれてしまっているんです。

だから、親が今日はお菓子を買わない。と決めているのであれば、

「今日は買わないよ!」

と言うだけではなく、

子供が、今どんな気持ちなのかを聞いてあげることです。

どんなにそのお菓子が好きで、どんなに欲しくて、そして、買ってもらえなくてどんな気持ちか。。。

自分は今、どんな気持ちを持っているのか。。。

それをちゃんと聞いてあげて、認めてあげる。

 

このお菓子大好きなの?

なんで?

そっか、そんなに好きだったんだ。。ママもお菓子大好きだから、欲しくなる気持ちよくわかるよ。

買ってもらえないから、今どんな気持ちなの?

ムカついた?悲しい?悔しい?

今、どんな気持ち?

 

って。子供が今持っている自分の感情を一緒に眺めてあげる。。

 

そうすると、子供は、自分の感情の波に飲まれるのではなくて、自分の感情を、もう一人の自分が眺められるようになります。

そうしたら、こっちのもの!

じゃー、その自分に起こっている感情を、どうしたいのか?

どうやって変えればいいか?

を一緒に考えてあげるんです。

 

まずは、その感情を一緒に感じてあげましょう。

子供と一緒にタップリとその感情を味わってあげましょう。

そうすることで、子供の気持ちはだいぶ静まります。

 

そして、今日はまだおうちにお菓子あるから買わないね。

またお菓子なくなったら買いに来ようね。

って伝えればいいんです。

 

 

大人も一緒ですよね?

自分の心の波に飲まれてしまうから、苦しくなるんです。

でも、自分の感情を客観的に眺めることさえできたら、

 

さぁ、じゃ、その感情をどうするか?自分はどうしたいのか?

を考えて、なりたい方へ変えればいいんです。

そのチョイス、選択肢は、常に自分が持っているんです。

 

でも、子供に自分の感情を客観的に眺めてごらん。って言ったところで、

子供にとっては????

ナンノコッチャ?って

口ぽかーんと開けたまま見つめられちゃうだけですよね。。

 

子供に自分の心を客観的に見る癖をつける第一歩は、自分の体を客観的に見るということです。

頭どこ?手は?首は?膝は?肩は?手首は?くるぶしはどこ?

って。自分の体を客観的に眺めて見る癖をつける。

膝はどうやって動くのか?

手首は?背骨はどうやって動く?

体を客観的に見れるようになると、その体を客観的に眺めている「もう一人の自分」の存在に気づき出します。

そうなったら、こっちのもの。

自分の感情を眺める「もう一人の自分」がいることにも気づき出します。

 

自分の体は、自分自身じゃない。

自分の心は、自分自身じゃない。

 

ということが、体感できるようになると、

体を、心を、自分のなりたい状態へ、自分が変えることができるようになるんです。

キッズヨガが目指すものは、これなんです。

単に体を動かして、体を柔軟にしましょう!ということではなく、

 

自分の心を眺める「真の自分」の存在に気づくこと。

 

 

意外と深エエェ話ではないですか?笑

 

Follow me!

LINE@でもお問い合わせできます!

LINE@ならお問い合わせもカンタン!一対一のメッセージで返信いたします。

メルマガとは違うLINEだけの限定無料配信もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です