糖質制限ダイエット:妊娠性糖尿病の改善にはまず食事の見直しから

デトックス6日目!

今日は、土曜日。少しゆっくり目のスタートです。

体調は、本当にいたって快調!なぜなら快腸だから!笑

一日3度のお通じ。お腹がいつもスッキリしていて、膨満感ゼロです。

こんなに食べてるのに。。。。

今まで、朝は忙しいから食べたり食べなかったり、食べても食パンをかじる程度。

そして、昼は一人なので、車の中でマフィンをかじって終わりにしたり。。。

夕食は、ガッツリ食べると翌朝お腹が重いので、軽くすませていました。

それも、脂っこいものは避けようと、ご飯とちょっとしたものでササっと終える感じ。。。

食事で食べる量は少なくても、おやつにチョコやナッツをポリポリ摘んでいました。

私は、過去4回の妊娠時に、いつも妊娠性糖尿病と診断されていました。

妊娠性糖尿病とは、妊娠期間中だけ血糖値が高くなり糖尿病なのですが、出産後は元の数値に戻るというものです。

だから、お医者さんには、

出産に際しては、全く心配いりません。

でも、やはり将来糖尿病になりやすい体質であることは確かなので、今後の食生活を気をつけてくださいね。

と言われていました。

それなのに、相変わらずの私の糖質バンザイ!の食生活。。。

LOVEパン食!です。

これではさすがにヤバイ!特に、シックスパックを目指している私が何事だ!

これはちょっとここで食の勉強も兼ねて糖質制限ダイエットに挑戦!と思ったのでした。

そしたら、もう本当に目からウロコの連続で。。。

今までのパン、マフィン、ペストリー、ご飯ばかりの炭水化物に偏った食事は、血糖値を一気にあげて、体を脂肪貯蓄モードにしていたことを知り、ビックリ!そして、お腹が減っている時間が多いこともまた体を脂肪貯蓄モードにしてしまうことを知りました。

それに炭水化物はすぐに消化されてしまうので、お腹が減るまでの時間が野菜より断然早く、だから、すぐ空腹を感じて、チョコやらクッキーやらに手を出してしまっていたことも今回初めて知りました。

なので、野菜!野菜を沢山食べるのです。野菜なら、消化するのに時間もエネルギーもかかるので、消化自体がもうダイエットなのです。

でも、妊娠中の方は、くれぐれも炭水化物を全てカットするようなことはせずに、あくまで控えめにして、野菜を多く取るように心がけてくださいね。

そして、産後、期間限定で糖質ダイエットにチャレンジされたらいいかと思います。

 

それでは今日のメニューは以下の通りです。

6日目朝食

レモン温水 500ml

厚焼き卵(塩胡椒)

野菜ブイヨンのスープ(青梗菜、ニンジン、白菜、もやし、ポーチドエッグ)

いちご

昼食

ミックスサラダ(レタス、アボガド、パプリカ、ケール、にんじん)

アボガドオイル、バルサミコ酢、粒マスタード、塩胡椒

夕食

秋刀魚の塩焼き、

大根おろし、キャベツの千切り

お味噌汁(玉ねぎ、ワカメ、豆腐)

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール


4人の子どもと旦那さんの6人でアメリカ在住。
地元でYOGAed.キッズヨガクラスを開催しながら、日本でキッズヨガインストラクター養成講座を開催するトレーナー。
そして、産前産後のママ達に、骨盤調整ヨガを指導させていただいています。

もっと詳しく見る

YOGAed.キッズヨガ(PI1&2)開催

2018年7月、アメリカで生まれたYOGAed.講師養成プログラム、プロフェッショナルインスティテュート1、2が連続開催されます! もっと詳しく見る
2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る