子供にヨガを教える時は、禁忌ポーズに注意!

アメリカは、今日はキング牧師を祝う祝日です。

みなさん、ご存知の通りキング牧師は、

黒人の差別撤廃を力強くリードした指導者です。

「いつの日か、ここアラバマで、黒人の男の子と白人の女の子が、

同じ給水機から水を飲む。そんな日が早く来ることを願っている。」

と言った演説が有名ですね。

 

そう、これからの未来を担う子供達のために、子供達が自分を信じ、

勇気を持って生きて言って欲しい。。。そのために、今、私には何ができるか?

 

そんな願いから私はキッズヨガを教え始めたのでした。

 

幼児や小学生にキッズヨガを教える時には、とにかく楽しく!

をモットーにやっています。なぜなら、この時期は、身体的、

精神的にも子供がヨガから受け取る効果は計り知れません。

でも、それを大人ヨガクラスみたいに、自分の作ったメニュー通りにやって、

でも、子供の目が死んでいて、「やらされてる」感満載では、吸収力も落ちます。

子供時代のキッズヨガの目的は、

 

子供達の心に、ヨガというタネを植えることです。

 

ヨガは楽しい!

という記憶さえあれば、

彼らが10代、大人となり、自分の体調や精神が疲れた時、

きっとヨガに戻ってきてくれるでしょう。。

そしてヨガが彼らの心と体を癒すでしょう。

 

でも、楽しければいいとばかりに、子供の解剖学的な知識もなく教えるのは非常に危険です。

子供にはやっていいポーズ、避けるべきポーズがあります。

首に負担がかかるポーズ

体の大きさに対する頭の大きさは、子供の方が大人に比べて大きいです。

だからバランスのポーズを取るのが大人より難しいんですね。

子供の頭は大きい一方で、首は丈夫ではありません。

首の周りの関節も筋肉もまだまだ未発達です。

そのため、首に過度な負荷がかかるような急な頭の動きは、首を痛め、脊髄損傷を与えてしまう可能性もある。

ということを重々分かっていることがとても大事だと思います。

特に4−8歳児に教える時は、頭に体重がかかるような

ヘッドスタンドのポーズなどは避けましょう。

また、立ってから前屈のポーズに入る間とでるあいだは、

必ず、胸に顎を引くように子供たちに声をかけましょう。

体を反る後屈の時は、頭を後ろへ落とすのではなく、

前を見たままでいるようにといいましょう。

例えば、キャット&カウのポーズのカウのポーズでは、

あまり首を反って真上を向かないように声をかけましょう。

 

膝に負担がかかるポーズ/div>

膝の関節は、非常に繊細で、過度な負荷がかかると、

子供の成長に関わる成長板を損傷する可能性もあります。

そのため、

木のポーズをする時は、

右足を左足のウチくるぶしの横につけて立つか、

または、左足のモモの内側付け根まで上げるかどちらかで、

左ひざの内側に右足を引っ掛けるように置くのは、

膝に過度な負担がかかりとても危険なので、注意しましょう。

 

また戦士のぽず1番や2番の時に、前に出した膝が内側に傾くと、

膝関節に負担をかけるので、膝の向きにも注意をしましょう。

子供の体は柔軟だから大丈夫!

と思っている方も多いですが、

それは決して関節や筋肉が強いからではありません。

 

怪我のリスクのない、安全で楽しいヨガクラスをしていきたいです。

 

Follow me!

LINE@でもお問い合わせできます!

LINE@ならお問い合わせもカンタン!一対一のメッセージで返信いたします。

メルマガとは違うLINEだけの限定無料配信もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です