ダイエット成功には空腹でない方がいい?

アナタは、1日の中で、

空腹を感じることがありますか?

 

空腹と言っても

『腹ペコ』という意味ではなく、

『空腹感』程度の空腹です。笑

 

 

ダイエット指導をしていて、

空腹感を感じるべき人と

空腹感を感じない方がいい人と

別れます。

 

 

では、

空腹を感じない方がいい人とは

どんな人でしょう???

 

1。睡眠不足の人

睡眠不足だと

(理想の睡眠時間は7−8時間)

 

満腹ホルモンのレプチンが減少し、

食欲増進ホルモンのグレリンが増加します。

 

そうすると、その人の意思の強さに弱さに関係なく、

日中の食欲は増大します。

 

そうすると、実際お腹は空いていなくても、

食べたい!という食欲から

ついついつまみ食いをすることが多くなります。

 

 

また、食事を減らしても

睡眠不足の人は体重が減りづらいので

 

ツライ割に結果が伴わないので

モチベーションが続かず、

 

ダイエットを途中でやめてしまう人がとても多いです。

 

でも、それは意思が弱いのではなく

実は睡眠時間が短かっただけなのですが。。。

 

 

ですので、睡眠不足の方は、

まずは睡眠をしっかり確保するように努力する。

 

それができない方は、

食欲が湧いてきたときに食べる間食を

事前に決めておくと良いですよ。

 

ナッツやチーズなどを糖質が低いものを食べるようにして

 

食欲が安定するのを待つようにしましょう。

 

もしかしたら、一時的に体重が1キロほど増えるかもしれません。

でも、基礎代謝が確実に上がっているので、

しばらくすると、体重が戻りそして減っていきます。

 

2。慢性的にストレスを抱えている人

 

慢性的にストレスを抱えている人は、

コルチゾールというストレスホルモンが増えるので

食欲が増します。

 

そこで、さらに空腹となると、ストレスMAXで

食べてしまうことが多いです。

 

なので、仕事などでストレスがある方は、

(1)ストレスを取り除く方法を考える

(2)ストレス解消法を考える(趣味やスポーツなど)

(3)空腹を感じたとき用に、代替案を考える。

 

3。食欲が安定していない人

 

太るのがイヤで、

少食の日が数日続いたかと思うと

 

その我慢がストレスとなり

夕飯食べすぎる。

で、翌日反省して、また朝ごはんを抜く。。

 

のような食生活を繰り返している人。

 

朝食を抜く人に多いタイプです。

 

このタイプの方は、

まずは

食欲が落ち着くまで

=甘いもの食べなくても別に大丈夫〜。

 

という精神状態になるまでは、

 

 

空腹を感じないように

代替案の間食(チーズやナッツなど)を

用意して過ごすことをオススメします。

 

お腹は空いてないけど、

甘いものが無性に食べたくなる。。。

 

と思ったら、要注意です。

 

 

そして、

食欲が安定してきたなぁぁ。

=甘いもの、食べたい!と思わなくなってきたなぁ。。

と感じるまでは、

 

3食きちんと食べる習慣をつけていきましょう。

 

 

最後に、

空腹感を感じた方がいい方とは?

 

これは、

 

食欲が安定していて、

かつ、

体重を落としたい人。

 

です。

 

 

体重を落とすには、

やはりエネルギー消費=脂肪分解をする必要があります。

 

なので、軽い空腹感を

感じた方が痩せやすいのは事実。

 

でも、栄養バランスが欠けていると

体重減るけど、筋肉も減る。

ってことになりかねないので、

 

栄養バランスには

気をつけましょう。

 

さぁ、アナタはどのタイプでしょう。

 

ダイエットは、

ずっとやり続けるものではなく、

 

自分のその日の体調、食欲、運動量を考えて、

 

食事の量や内容を調整、コントロールできれば

もう卒業です。

 

時々食べ過ぎ、飲み過ぎ、もちろんあります!

あって当然です。

 

ただ、その後に、

どうやって調整するかを知っている。

か、

知らないか。。。

 

 

が、10年後の健康のためには

大きな分かれ道となると思います。

Follow me!

お気軽にLINEでお問い合わせください。

LINE公式アカウントなら、お問い合わせもカンタン!
一対一のメッセージで返信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です