コロナに絶対かからない!この瞬間からできること。

あなたは、今、

 

鼻で呼吸していますか?

口呼吸していますか?

 

鼻呼吸とは、

口を閉じて鼻だけで

吸う吐くを繰り返すこと。

 

 

口呼吸とは

口で吸う吐くを繰り返すこと。

 

この文章を読んでる今!

あなたはどっちの呼吸をしてますか?

 

========= 

私たちは赤ちゃんのころは、

全員『鼻呼吸』をしてました。

 

オッパイやミルクを飲むときは

口がおっぱいをくわえて

ふさがっているので

 

鼻だけで息を吸う必要が

あったからです。

 

でも、離乳食が始まるのを機に

赤ちゃんも口呼吸になる子が多くなります。

 

そして、

大人になった今も

ずーっと口呼吸が続いてる人が多いんです。

 

 

では、鼻呼吸と口呼吸の

メリットデメリットってなんでしょう?

 

残念ながら

口呼吸のメリットはほとんどありません。

 

そう、デメリットだらけ。。。苦笑

 

■口呼吸のデメリット

●呼吸が浅くなる。

 

1回で吸える酸素の量が

鼻呼吸より少ないため

 

体の各所に送られる

血液中の酸素量が減ります。

 

また、肺が十分に膨らまないため

肺を取り囲む筋肉の動きが少なくなり

胸の筋肉も硬くなってきます。

 

胸の筋肉が硬くなると

巻き肩になり猫背になっていきます。

 

そうするとさらに肺が膨らまなくなり

酸素が足りなくなるので

 

脳も酸欠状態となり、

気分も落ちてくることが多いです。

 

体の隅々に酸素が

行き渡らなくなるため

 

冷え、むくみ、

内臓疾患の原因にもなります。

 

●病原菌が白血球の中に入り込み全身に運ばれてしまう。

口から吸った空気は、

そのままノドに入るため

 

ノドの粘膜が、

さまざまな病原菌に無防備に

さらされることになります。

 

そしてこうした病原菌が

白血球の中に入り込み

全身に運ばれてしまうわけです。

 

よって風邪や感染症の病気に

かかりやすくなります。

 

・虫歯、歯周病、口内炎になりやすい。

病原菌が口から直接歯に付着するため

虫歯などになりやすくなります。

 

 

●蓄膿症になりやすくなる

鼻腔や副鼻腔を使わないため

細菌やウイルスが増殖しやすくなる

空気が鼻腔を通らないと、

汚れがたまり、常にじめじめした状態になる。

 

・ほうれい線、口のたるみ、歯並びが悪くなる。

口を開けたままなので、

口の周りの筋肉が緩みっぱなしなため、

口の周りの筋肉が弱くなり下がってくる。

 

鼻呼吸のメリット

 

逆に鼻呼吸はメリットしかないのです。

 

 

●虫歯、病気になりにくい

私たちが、吸い込む空気には、

さまざまな病原菌が含まれていますが、

 

病原菌の50~80%は

鼻の粘膜に吸着され、

体内に入るのを防いでくれます。

 

もちろん、コロナの病原菌が

体内に入るのを防いでくれます。

 

●吸い込んだ空気の加湿をしてくれる

鼻呼吸の場合は、

冷たくて乾いた空気でも、

 

鼻腔で暖められて、

湿度を含んだ状態で、

のどまで到達します。

 

加湿が不十分だと

肺胞の粘膜になじみにくくなるので

酸素がスムーズに体内に吸収されません。

 

また、空気が湿っていることで、

湿気に弱い

病原菌が死滅します。

 

●病原菌の繁殖を抑える

吐く息も鼻腔を取って吐くことで

鼻腔の粘膜である程度殺菌されるため

カゼのウイルスや

コロナなど感染症の

蔓延を防ぎます。

 

以上の理由により、

鼻呼吸は、

 

●免疫力向上

 

●からだに十分な酸素が吸収され

筋肉が柔軟になる。

 

●脳に十分な酸素が行き届き

活性化され、集中力が増す。

 

●体内を血流が行き渡るため、

副交感神経が優位となり

気持ちが落ち着く。

 

●風邪をひきにくく、

花粉症などのアレルギー症状が改善する。

 

 

とにかく

鼻呼吸はいいことだらけ!

 

特に今のように

コロナ感染が世界で蔓延している時こそ、

 

鼻呼吸は「天然のマスク」を

しているのと同じ効果があります。

 

==========

さあ、あなたの呼吸はどちらですか?

 

もし、今、

自分の口を触って唇が離れていたら、

口呼吸。

 

唇が閉じていたら、

鼻呼吸でしょう。。

 

 

そして、

あなたのお子さんの呼吸はどちらでしょう?

 

子どもが

テレビやスマホを見てる時

横から観察してみてください。

 

ぼーっと口を開けて見てませんか?

 

もし、そうだったら、

ぜひこの機会に鼻呼吸の方法を

教えてあげてくださいね。

 

でも、子供にとって、

鼻呼吸は、実は意外と難しいんです。

 

鼻から吸っても、

あまり吸えていないような

息苦しい気がしてしまいます。

 

それは横隔膜が動いていないので

肺が十分に膨らめないのです。

 

そのためには、

========

鼻呼吸をしながらの

腹式呼吸です。

========

 

息を吸った時に

お腹をぷーっと膨らますように

して息を吸うと

 

横隔膜が下がるので

肺がしっかり膨らむので、

息をたくさん吸えるようになります。

 

そうすると、

自然に心が落ち着いてくるのを

感じられるでしょう。

 

逆に胸が膨らむように息を吸うと

交感神経が優位になるので

 

元気になる!

感じがするのではないでしょうか?

 

私たちの普段の生活は、

刺激が多く

交感神経が優位になっているので、

 

========

日常では

副交感神経を優位にする

腹式呼吸が有効です。

========

 

鼻呼吸は、

最初は『クセづけ』が大事です。

 

子どもがボーッと口を開けて

テレビを見ている時を見かけたら、

 

 

「お口閉じて〜。」

と声かけしてあげてください。

 

 

少しずつ

口を閉じるクセがついてくると、

 

おっぱいを加えた赤ちゃんよろしく

自然に「鼻で吸う」ようになっていきますよ。

 

今日からぜひ鼻呼吸を

トライしてくださいね。

Follow me!

お気軽にLINEでお問い合わせください。

LINE公式アカウントなら、お問い合わせもカンタン!
一対一のメッセージで返信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です