青木まりこ現象?便秘の人は本屋へGO!

こんにちわ

村井ゆきこです。

 

今日はちょっと息抜き的なお話を。

 

”青木まりこ現象”て聞いたことありますか?

今から35年前、ある雑誌に投稿された

質問で、

『本屋さんに行くといつも急に便意がくるのは

どうしてでしょうか?』

 

 

という内容。

 

そうすると、

私も!私も!と、、、。

 

本屋さんに足を一歩踏み入れるだけで

便意を感じる人も多く

 

多くの人が感じている現象のようです。

 

これをこの投稿者のお名前をとって

”青木まりこ現象”と名前がつけられたそうです。

 

あなたも思い当たりますか?

 

考えられる原因としては、

①本の紙やインクの臭いが、人の脳の便意をもよおす神経を刺激する説

 

でも、これだと本がたくさんある家や職場の人は、

四六時中トイレにいかなければならないし

 

あまり科学的根拠がないですよね。

 

②本屋に入るとリラックスするから説

 

本屋さんに入り、自分の読みたい本を探すという作業は

人をとてもリラックスさせます。

 

そのリラックスが、副交感神経を優位にするため

副交感神経が強く影響する排泄機能が活発になるという理由。

 

でも、だったら、家でリラックスしたら

トイレに行きたくなるはず。。。

 

③まぶたを下ろすから説

本屋さんで立ち読みをしている時に、視線を本に向ける時まぶたを下ろして読むことから、

 

まぶたを下ろすと副交感神経が優位になるため

 

②説と同様で、排泄機能が活発になるから。というもの。

 

④プレッシャー説

本屋さんには、ついつい長く滞在しがちだが、トイレがない本屋さんが意外と多い。

 

そのため、ここにはトイレがないかも知れない。というプレッシャーがかかり

 

そのプレッシャーが便意を起こす引き金になっているという。

 

でも、これだと、高速道路や電車や乗り物など

どこでもトイレに行きたくなってしまうだろうから、

 

これもなぜ本屋だけ?ということに答えられていません。。

 

と、結局、科学的原因の究明はされていません。

 

でも、多くの人が本屋に行くと急にトイレに行きたくなるのを

体験しているって面白いですよね。

 

骨盤底筋が緩くなっても

便秘になります。

 

なぜなら、骨盤底筋が緩む、

または緊張しすぎていると

 

骨盤底筋の一部である

肛門周辺の筋肉の収縮が

できないからです。

 

骨盤底筋は、脳と非常に密接につながっています。

なので、仕事のストレスや不安、心配などで

脳が緊張すると

骨盤底筋も緊張し緩むことができなくなるので

便秘になります。

 

もし、あなたが尿もれはないけど

便秘気味だとしたら、

 

ぜひ本屋さんに行ってみてください。

もしかしたら、、、、

解消するかもです!

 

 

そしてぜひ

骨盤底筋の運動を初めてくださいね。

 

今日も素敵な1日を

Follow me!

お気軽にLINEでお問い合わせください。

LINE公式アカウントなら、お問い合わせもカンタン!
一対一のメッセージで返信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です