逃げ恥、星野源の一言に号泣。この言葉がYOGAed.キッズヨガのゴール。

先日見たドラマの一コマ。

ドラマの中で主人公の女の子に恋心を抱きつつも、その自分の気持ちを肯定さえできない。

今までの35年間、好きになった女性に一度も受け入れられたことがなかった星野源さん演じる独身男性ヒラマサ君。。。

だから、人を愛する勇気もなく、傷つく勇気もない。。。

そしてそのヒラマサ君が、ポツンと言ったセリフ。。。

「いいなぁ、、、愛される人は。。。。」

「愛される人は、、、、、。いいなぁ。。」

その言葉に、涙が急にドワーーーッと流れてきました。

そう、、、。

このヒラマサ君だけじゃなくて、みんな「自分は愛されていないんじゃないか。。。」と不安なんだ。。。

愛されるために、、、、、もっと勉強しないと。
愛されるために、、、、、もっといい子にならないと。

愛されるために、、、、、もっとキレイにならないと。
愛されるために、、、、、いい奥さんにならないと。

愛されるために、、、、、子供を産んでも素敵なママでいないと。
愛されるために、、、、、いつも頑張っていないと。

でも、私たちが死ぬまでに絶対気づかないといけないことは、、、。

勉強できなくても、良い子じゃなくても、いい母親じゃなくても、、、。

「自分は、親から、全ての人から、愛されている。」ということなのではないでしょうか。。

「自分がここに存在しているだけで、自分という「存在」だけで、
自分は愛されいているんだ。」

ということを知ること。感じること。

これこそが、私たち大人だけでなく、子供に感じて欲しいことなのではないかと。。

これを感じるためだけに、この世に人間は生まれてきたんじゃないかと思うのです。

この世に生まれてきた唯一の目的。

それは、、、、。

「愛を感じること。」

私がトレーナーをしているYOGAed.のキッズヨガは、まさにこれがゴール。

 

子供たちに、

「キミはそこに存在するだけで愛される価値のある人間なんだよ。」

ということをヨガを通して体と心で感じてもらうこと。

「頑張らなくても、背伸びしなくても、人の顔色伺わなくても、あなたはもうすでに愛されているんだよ。」

ということを伝えたい。

これさえしっかり体感できれば、もうその子供は、世界のどこに行っても大丈夫!

自分の人生という海原を自信を持って楽しんで生きていけると思うのです。

強く、愛溢れる人間へと成長するんじゃないかなと思うのです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール


4人の子どもと旦那さんの6人でアメリカ在住。
地元でYOGAed.キッズヨガクラスを開催しながら、日本でキッズヨガインストラクター養成講座を開催するトレーナー。
そして、産前産後のママ達に、骨盤調整ヨガを指導させていただいています。

もっと詳しく見る

YOGAed.キッズヨガ(PI1&2)開催

2018年7月、アメリカで生まれたYOGAed.講師養成プログラム、プロフェッショナルインスティテュート1、2が連続開催されます! もっと詳しく見る
2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る