巻き肩、ねこ背が速攻治る!まずこの3箇所のマッサージ

こんにちわ。

 

ニューヨーク、ニュージャージーで

骨盤調整コアヨガトレーナー

キッズヨガのトレーナー

として活動している

村井ゆきこです。

 

今日は、巻き肩は、ここをマッサージして改善しましょう。

というお話です。

 

 

こちらアメリカは、

昨日3月8日はタイムセービング。

夏時間となり、時計が1時間早まりました。

 

今までは夕方5時はまだ暗かったのが、

1時間早く5時になるので、明るい夜が長くなる。

という感じ。

 

空が明るいと人も外で活動しますから

レストランが賑わったり、

お店が繁盛したりと、

経済効果を狙ってのこと。

 

 

で、話は戻り、

今日は、烏口突起(うこうとっき)の話です。

いきなり。。。笑

 

猫背で肩が前に巻いている人は、

烏口突起をほぐすのが一番手取り早いです。

 

巻き肩の原因は、普段の姿勢。

これにつきます。

 

毎日毎日の前屈みの姿勢。

家事、育児、パソコン、スマホ、

どんな行動でも、両腕が前に出ていますよね。

その時、あなたの背中では、

 

腕を前に出すために

肩甲骨が広がってくれてるんですが、

この姿勢ばかりで、肩甲骨を元の位置に

戻さないと、

肩甲骨は左右に広がったまま

 

固まってしまうわけです。

これで巻き肩の完成です。

 

烏口突起ってどこよ?ってことですが、

ここです。

 

 

鎖骨を肩の方へ辿っていった方の下に

コリコリした軟骨みたいな骨。

これが烏口突起です。

 

ここは小胸筋という筋肉がつながっている

肩甲骨の一部です。

 

そう、肩甲骨の一部なんですよ!

 

ほとんどの巻き肩の方は、

縦に並んでいるはずの肩甲骨が

体の外側に「ハの字」に広がってしまい、

 

胸の前、特に脇の下のすぐ上あたりの

烏口突起の周辺が縮まったままの人がとても多いです。

 

なので、まずはここをほぐすことがとっても大事。

そして、あとは、脇の下の後ろ側のヒダ。

前鋸筋(ぜんきょきん)をシッカリほぐす。

 

この2箇所がほぐれると、

肩甲骨がゆるみ、

肩甲骨が背骨の方へ寄ってくるので、

巻き肩がかなり改善されます。

 

両方の肩が上に上がっている

いわゆる怒り肩の方は、

両方の肩が巻き肩(肩甲骨が背骨から離れていてる)

の方が多いです。

 

この方は、両方の烏口突起、背部の前鋸筋、

 

首の左右に走る、胸鎖乳突筋を

 

マッサージすることが大事です。

 

まずは、家で、この3箇所のマッサージを毎日やってみてください。

リンパの流れも良くなるので、

顔が一回り小さくなって、

最近ダブついてきた

アゴのラインもスッキリしますよ!

 

ぜひぜひお試しあれ。

 

今日も素敵な1日を

 

村井ゆきこ

*******************

メルマガで、骨盤や女性の体の健康、
育児、スタイルについての楽しい記事を
お届けしています。

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録くださった方に

***素敵なプレゼント***

見た目体重3キロ減は確実❣️

下っ腹スッキリ❗️腰痛予防に効果大‼️

インナーマッスルが自然についていく

『立ち方レッスン動画』をプレゼント!

メルマガ登録はこちらから

*******************

⭐️ニューヨーク、ニュージャージーの

骨盤調整コアヨガクラスについて知りたい方⭐️

こちら⬇︎をクリックして

ぜひお友達になってくださいね。⬇︎

 

「みるみる軽くなるマッサージの

無料動画」をプレゼント!⬇︎

 

❤️ニューヨーククラス

 

💚ニュージャージークラス

 

*******************

2020年、オリンピックの夏!

あなたも「子供のプロ」になりませんか?

「YOGAed.キッズヨガインストラクター養成講座」

開催決定!

お申し込みはお早めに!

YOGAed.キッズヨガ養成講座の詳細を見る。

*******************

Follow me!

お気軽にLINEでお問い合わせください。

LINE公式アカウントなら、お問い合わせもカンタン!
一対一のメッセージで返信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です