”良い姿勢”なのに”腰痛”なのはナゼ?その意外な原因とは?

こんにちわ。

 

ニューヨーク、ニュージャージーで

骨盤調整コアヨガトレーナー

キッズヨガのトレーナー

として活動している

村井ゆきこです。

 

今日は、ムネの前のマッサージがとても大事!

というお話です。

 

骨盤調整コアヨガクラスでは、

毎回、上半身、下半身のマッサージを

手で行っています。

 

なぜかというと、

日本人を初めとするアジア人は、DNA的に農耕民族。

 

前屈みのため背中側の筋肉が張っていて

胸の前面の筋肉は縮んでいます。

 

一方、アメリカなど西洋人は狩猟民族。

 

DNA的に胸の前が張っていて、

背中側の筋肉が強いです。

 

特にアジア人は、

頭を下げるお辞儀文化。

 

それに、現代のパソコン、スマホの

普及により常に前かがみな姿勢。

 

一日中、前かがみの姿勢が多くなるため

胸の前の筋肉が縮んで、

肩が前に出ている(肩甲骨が外側へ広がっている)

人が多いです。

 

これを”巻き肩”と言います。

 

でも、みんな努力家なので、

良い姿勢を目指します。

 

でも、胸の前の筋肉を縮んだままで

良い姿勢をとろうとすると、、、、。

 

おへそを出し、

腰をギュッとそって胸を張ろうとしてしまいます。

 

 

 

すると、どうなるか、、、。

 

お腹の力が抜けて

腰の5個の背骨で上半身の体重を

支えなくてはいけなくなるため、

 

そして、腰痛になる。

 

お腹の力が抜けているため

骨盤底筋が緩んで

下腹部ポッコリ、

尿もれ

冷え性

 

なので、まずは正しい姿勢を取る前に

絶対やらなくてはいけないこと。

 

それは、

胸の前の筋肉をほぐすことです。

 

それには、指(人差し指、中指、薬指)を

胸の前(鎖骨の下)にグッと押し込み

(ちょっと痛キモな感覚を感じる程度)

押し込んだまま、指をグリグリゆすります。

 

筋肉のスジを指先でバラバラにほぐす

ような感じです。

 

正直、初めてやる方には、

かなーり痛いです。

 

でも、毎日続けていると

痛みがなくなっていきます。

 

そしたら、筋肉が柔かくなった証拠。

 

この状態になったら、

良い姿勢をとるようにしてみます。

 

まずは、胸の前の筋肉を柔らかくしましょう。

そうすると、

頑張らなくても胸が張れるようになるため

肩甲骨周りの筋肉がゆるみ

 

肩甲骨が背骨に近づき

猫背も改善してきます。

 

そして、肺が大きく膨らむようになるので、

呼吸が沢山吸えるようになり、

 

血流が全身に行き渡り、

冷え性、自律神経のバランスなど、

体の流れが良くなります。

 

ぜひ、おウチで

胸の前のマッサージを

やってみてくださいね。

 

正しい姿勢は、また次回お伝えします。

まずは、胸の前のマッサージしてみてください。

 

今日も素敵な1日を!

村井ゆきこ

 

*******************

メルマガで、骨盤や女性の体の健康、
育児、スタイルについての楽しい記事を
お届けしています。

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録くださった方に

***素敵なプレゼント***

見た目体重3キロ減は確実❣️

下っ腹スッキリ❗️腰痛予防に効果大‼️

インナーマッスルが自然についていく

『立ち方レッスン動画』をプレゼント!

メルマガ登録はこちらから

*******************

⭐️ニューヨーク、ニュージャージーの

骨盤調整コアヨガクラスについて知りたい方⭐️

こちら⬇︎をクリックして

ぜひお友達になってくださいね。⬇︎

 

「みるみる軽くなるマッサージの

無料動画」をプレゼント!⬇︎

 

❤️ニューヨーククラス

 

💚ニュージャージークラス

 

*******************

2020年、オリンピックの夏!

あなたも「子供のプロ」になりませんか?

「YOGAed.キッズヨガインストラクター養成講座」

開催決定!

お申し込みはお早めに!

YOGAed.キッズヨガ養成講座の詳細を見る。

*******************

 

 

Follow me!

お気軽にLINEでお問い合わせください。

LINE公式アカウントなら、お問い合わせもカンタン!
一対一のメッセージで返信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です