なりたいのは柔らかい体?引き締った体?

こんにちわ。

 

ニューヨーク、ニュージャージーで

骨盤調整コアヨガトレーナー

キッズヨガのトレーナー

として活動している

村井ゆきこです。

 

今日は、”ゆるむ”ことの大切さについてのお話です。

 

骨盤調整コアヨガクラスでは

 

前半;ほぐして体をゆるめて、

中盤;しめて

後半;動く。

 

という構成でクラスを進めていますが、

 

この”ゆるむ”ということが

実はとても大切なんです。

 

 

クラスでは、

骨盤底筋の収縮運動(ケーゲル体操)を

必ずするのですが

 

骨盤底筋を締める力もとても大切ですが

緩むことも、同じくらいとーーーっても大切です。

 

太い輪ゴムを想像してみてください。

古くて硬くなった輪ゴムって、

急に引っ張ると

切れちゃったりしますよね?

 

その反対で、

伸びきったビヨビヨの輪ゴムは

もう縮むことができない。。。

 

これは筋肉も同じ。

 

引き締まったカラダを目指しましょう!

 

と言って、

ガシガシ運動して筋肉を締めてばかりで

ゆるませることをしていないと、

 

筋肉は、強いけど、

”古い硬い輪ゴム”状態になってしまいます。

 

そうすると、運動不足で硬くなった筋肉と同様

関節に負担をかけることもあります。

 

大事なのは、縮むけど、

伸びることもできる

収縮自在な筋肉。

 

だから、

骨盤底筋のケーゲル体操をするときも

 

ギューっと締めてばかりじゃなくて、

息を吸った時には、骨盤底筋(膣)を

 

”しっかり緩ませる”、

リラックスすることがとても大事。

 

これは、尿もれ改善のために

膀胱の機能を高めるためにもとても効果的。

 

日本語では

「カラダがやわらかい。」

「カラダが硬い」

と言いますが、

 

英語では、

カラダがやわらかい。=フレキシブル”Flexible”。

やわらかいという意味より、”しなやか”なニュアンス。

 

釣りざおみたいに、よく曲がるけど伸びる。

 

バネのある状態。

 

ちなみに、

体が硬い。=スティッフ”Stiff” 。

”硬直した”という意味。

 

これは、心にも言えること。

心がフレキシブルな人は、

自分とは反対の意見を聞いても

 

”そういう見方もあるよね〜!”と

受け入れることができる。

 

一方、心が硬い人は、

 

そんな考え方ありえない!

アノ人とは、意見が合わないから

もう付き合うのよそうかな。

 

とかつい考えちゃう。。

 

これが、

心が”やわらかい”だけでは

 

人の意見に振り回されてばかりで

自分の意見がなく

 

人の態度、意見次第で

喜んだり、悲しんだり。。。

 

目指すは、

フレキシブルな心とカラダ。

 

これって、

キッズヨガのテーマにも最高ですよ!

 

このテーマでキッズヨガをした時、

子ども達の目から、”ウロコ”が落ちるのを見て、

思わず笑いました!

 

 

キッズヨガの先生は、ぜひお試しあれ。

 

*******************

メルマガで、骨盤や女性の体の健康、
育児、スタイルについての楽しい記事を
お届けしています。

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録くださった方に

***素敵なプレゼント***

見た目体重3キロ減は確実❣️

下っ腹スッキリ❗️腰痛予防に効果大‼️

インナーマッスルが自然についていく

『立ち方レッスン動画』をプレゼント!

メルマガ登録はこちらから

*******************

⭐️ニューヨーク、ニュージャージーの

骨盤調整コアヨガクラスについて知りたい方⭐️

こちら⬇︎をクリックして

ぜひお友達になってくださいね。⬇︎

 

「みるみる軽くなるマッサージの

無料動画」をプレゼント!⬇︎

 

❤️ニューヨーククラス

 

💚ニュージャージークラス

 

*******************

2020年、オリンピックの夏!

あなたも「子供のプロ」になりませんか?

「YOGAed.キッズヨガインストラクター養成講座」

開催決定!

お申し込みはお早めに!

YOGAed.キッズヨガ養成講座の詳細を見る。

*******************

 

 

Follow me!

お気軽にLINEでお問い合わせください。

LINE公式アカウントなら、お問い合わせもカンタン!
一対一のメッセージで返信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です