女の子ママ必読!満月が生理に与える影響と「月の力」の取り入れ方

今日、夜空に、それはまん丸な綺麗な満月を見ることができました。

見てるだけで吸い込まれそうな、、美しい月でした。

今日は満月。生理が始まった人もいるかもしれませんね。

 

満月と生理???

 

と思った方はいるかもしれません。

 

月の満ち欠けに、女性の生理はとても影響を受けているんです。

よく、満月の日に出産が多いと聞いたことがある人も多いと思います。

 

人間の体は、約60%が水でできています。

そして、妊婦の方は、お腹に赤ちゃんがいるために、妊娠していない人より羊水や血液が多く体内にあるため、余計、月の満ち欠け(引力)に影響を受けるんです。

 

月と生理との関係は、どちらも28日周期であり、新月を過ぎて月が満ちるように、排卵後、女性の体は栄養を溜め込む体制に入り、満月(月経)を過ぎると、デトックス周期に入るのです。

ですので、満月に月経、新月に排卵。が最も月と身体が最も無理なく連動している状態と言われています。または、引力が強い新月に月経、満月に排卵。という方もいるでしょう。。

ただし、そんな上手い具合にピターッとあってない方の方が圧倒的に多いと思います。

 

それはなぜ????

 

ストレスが原因であることがとても多いです。

 

生理や出産は、副交感神経が優位の時に活性化されると言われていますが、ストレスが高い生活を送っていると、自律神経の方が優位になり、体はいつも緊張しているからです。

 

忙しい現代。。。。

ストレスが全くない人なんて存在しないですよね。。。だから、ほとんどの人が「満月にピターッと生理。」とはならないのです。

でも、やはり理想は、「満月に生理。」です。

これが一番体に負担がかからない。

宇宙と身体が連動している状態だからです。

 

流れるプールの流れと同じ方向で泳いでる。。

そんな感覚。

 

そうなるには、どうするか??

 

「月」を見るんです。

 

毎晩でなくてもいいです。

気づいた時でいいから、夜空を見上げて月を見る。

 

そうすると、

「あー、今日は、満月なんだ!」

「もうすぐ満月。」

「三日月ね。。」

と、思うでしょう。。

そうすると、意識が「月」に向かったことにより、そのエネルギーが体から発せられて、身体が自然とそこ「満月」に向かってアジャストされていくんです。

 

本当に不思議なんですが。。。

 

その時のストレスレベルも関わりますから、すぐに生理周期は変わらないかもしれません。

 

私の場合は、3−4年かかりました。

が、今は大体ですが、満月前後に生理が来るようになりました。

 

ですので、特に女の子のママに言いたいです。

 

お子さんが小さい時から、生活の中で、

親子で月を眺めて、「今日は満月だね。」

「今日は、三日月だね。」なんていう会話をして頂けたらと思います。

 

そうして、子どもの意識の中に「月」という種を植えてあげてください。

 

私たち人間は、人間だけで生きているんじゃないんです。

この宇宙に大いに影響を受けながら、サポートされながら、生かされているんです。

だからこそ、全てを体験するために生まれてきた「この世に生かされている瞬間」を、

 

恐れることなく、生きる。

 

なんてことを、頭で理解するんじゃなくて、身体で感じるようになるのだと思います。

 

愛と感謝で素敵な1日を。

ゆき

 

Follow me!

LINE@でもお問い合わせできます!

LINE@ならお問い合わせもカンタン!一対一のメッセージで返信いたします。

メルマガとは違うLINEだけの限定無料配信もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です