常識を飛び越える!アイリス・アプフェル

私の憧れの人。

 

アイリス・アプフェル

「アイリス アプフェル 無料画像」の画像検索結果

御トシ97歳!

 

ニューヨークを拠点に活躍する

インテリアデザイナーであり、

NYのバーグドルフグッドマンの

ウィンドウディスプレイを

手がけていました。

 

ホワイトハウスのインテリアコーディネイト

も担当したおばあちゃん。

 

私が97になった時、

いやいや、

せめて70才まで生きてるとしたら、

 

こんなおばあさんになっていたら

最高に幸せだなぁぁ。。。

 

こんな、常識を飛び越えた

自由な人

になっていたい。。。

「アイリス アプフェル 無料画像」の画像検索結果

常識=ひとの目

 

他人の目に映る自分を

基準で生きてる限り

常識は絶対飛び越せない

 

ような気がします。

 

自分が何をどう感じるか?

 

好きか嫌いか?

 

やりたいかやりたくないか?

 

やらなければならないことか?

やりたいからやってることか?

 

是非、自分を観察してみてくださいね。

 

たとえば、ダイエット。

 

「人からキレイに思われたい!」と思ってダイエットするのか。

「キレイな自分になりたい!」と思ってダイエットするのか。

 

この二つ、似てるようで出発点が全然違う。

 

上は、永遠のラットレース。

どんなにダイエットが成功したところで

 

いつまでも今の自分に満足できず

もっと、もっとという焦燥感だけが残ります。

 

なぜなら、良い悪いの基準が他人の評価にあるから。

他人の評価ほど、日々変わるものないから

翻弄されっぱなし。。。

 

 

そうじゃなくて

自分が喜ぶことをする。

自分が楽しくなることをする。

 

それがキレイになることだったり

ダイエットだったり

なら大いに結構!

 

じゃんじゃん、やるべきです!

 

やってみて、、、

違ったと思ったらやめればいいだけです。

 

アイリスさんも言ってます。

「やってみないことには始まらないわ。たった一度の人生だということを忘れないで。」

“YOU HAVE TO TRY IT. YOU ONLY HAVE ONE TRIP, YOU’VE GOT TO REMEMBER THAT.”

 

人生最後に思うこと。

「なんであの時◯◯をやらなかったんだろう。。」

と後悔する方がほとんだだそうで、

 

不思議と、

「なんであの時◯◯をやってしまったんだろう。」

という後悔を口にする方はいないそうです。

 

まさに、、、

先日、お亡くなりになったジャニーさんの口グセ。

「YOU、やっちゃいなよ。」

ですね。。。

Follow me!

LINE@でもお問い合わせできます!

LINE@ならお問い合わせもカンタン!一対一のメッセージで返信いたします。

メルマガとは違うLINEだけの限定無料配信もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です