産後、骨盤ベルトをする時の注意点。でも実はもっと大事なこと!

大転子っていう骨、知ってますか?

腿の骨で、骨盤に横から入って下半身と上半身を繋ぐ骨です。

両手を腿の横にダラーっと下げて、上にスーッと上げてくると、一番出っぱっている所にです。

 

出産する時、骨盤は、赤ちゃんが通る産道を通りやすく広くするために、グワーッと開きます。

そして出産が終わったら、また閉じていくのです。

そしてその時、右が少し閉じて、左が少し閉じて、、、。と交互に閉じていくんですね。

で、この骨盤の閉まりとともに、大転子が骨盤の中に入っていくのです。

 

この時、骨盤の閉まりが悪かったり大転子が元通りに戻らないままで終わってしまうと、

 

産後、体重は戻ったのに今まで履いてたデニムがお尻が引っかかってはけない。。。

という事態になるのです。

 

後ろから見たら、横長の長方形のお尻になってしまってるんですね。

 

骨盤を閉めたかったら、大転子を中へ!です。

 

ところで、

「床上げ一月(とこあげヒトツキ)」という言葉、聞いたことがある人もいると思います。

これは、産後一ヶ月は、日中もお布団を敷いてなるべくずっと横になって寝ていなさい。

という意味です。

 

骨盤が右、左と交互に閉じていく、この大事な時期に、体を、骨盤を動かしてしまうと、骨盤がキレイに左右均等に閉じることができず、左右歪んで閉じてしまい、それが固まってしまうと、それがいわゆる「骨盤の歪み」となるのです。

なので、産後は、極力静かに寝ていることが、骨盤をキレイに整えるためには、トーーーっても大事なんです。

産後、大きくせり出したお腹を見て、

早く体重戻さなくちゃーーー!

と、焦る気持ちは、私も4回出産してるから、ヨーーーークわかります!!

 

でも!!でもです!

産後一ヶ月は、本当になるべく長くじっと寝ていてほしいのです。

そして寝る時は、また夜に授乳する時は、横を向いて寝ないで、ちゃんと仰向けに天井見て寝ることが非常に大事なんです。

特に夜中の授乳は、ついつい寝たまま横を向いて授乳したくなりますよね?

(私もついついやってました!)

でも、骨盤が閉じている産後一ヶ月間だけは、起き上がって授乳するように心掛けてくださいね。

そして、家事をお願いできる人がいるなら、なるべく水を触らず(家事をしないで)、赤ちゃんのお世話に専念して上げてくださいね。

 

なぜ水を触ってはダメかと言われているかというと、諸説ありますが、

昔は、水も外の井戸へ汲みに行かないといけなかったですよね。

産後直後は、骨盤底筋群(膣周りの筋肉)が緩んでいるため、この時期に骨盤底筋群に負荷がかかるような重たいものを持つ動作は、非常に良くないのです。

 

産後直後にこういう動作を多くしていると、骨盤底筋群が緩んだままで、尿もれがなかなか治らなかったり、年齢が上がってから、ひどいと子宮脱(膣口から子宮が出てしまう。)になるケースもあるのです。

 

そして、やはり「冷え」対策です。

昔は台所の蛇口から温水は出てこなかったから、水に触ると体を冷やします。

 

冷えは血の巡りを悪くしますから、万病の元です。

特にこの時期の体の冷えは、視力低下や将来の更年期障害の原因になるとも言われています。

 

、、、、、。

とは言っても、上の子もいるし、実家の助けも借りれないし、旦那さんは仕事だし。。。

というママは、ずっと寝てもいられないですよね。。。

そういう場合は、骨盤ベルトのように骨盤を固定できるもの(なければ、着物着るときに使う腰紐のようなものでもいいんです。)で、最初にお話しした大転子のところを押さえるように、骨盤の周りに巻いて、骨盤がグラグラしないように固定してから、立ち仕事をするようにしてくださいね。

 

この時、骨盤の上の方を巻いてしまうと、骨盤の上部が閉まってしまい、逆に悪影響なので、必ず、大転子を囲むように、おへその下を巻いてくださいね。

床上げ一ヶ月。。。(赤ちゃんとの濃密な時間。)

 

昔の人は、本当に「いい言葉を残すなぁ。。。。」と思います。

 

愛と感謝で今日も素敵な1日を!

 

ゆき

 

 

 

Follow me!

LINE@でもお問い合わせできます!

LINE@ならお問い合わせもカンタン!一対一のメッセージで返信いたします。

メルマガとは違うLINEだけの限定無料配信もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です