サッカーママの独り言。

うちの息子2人はサッカー少年です。

 

昔、息子達が小さかった頃、

サッカーの試合を見に行くと、

 

「頑張れー!」とか

「そこでシュート!」とか、

「走れー!」と、

 

一生懸命彼らのことを応援してました。

 

すると、ある時息子が、

 

「自分がゴールに近づいてる時に、

『そこでシュートだ!』とか言われるの、

すごいヤダ!だって、やろうとしてるんだよ。

シュートできる状態ならとっくにやってるよ。」

 

て言われたんです。

 

ガーン!

 

私は、応援のつもりだったのに、

彼らには、単なる「ウザい」

声かけだったんだと。。

 

それからは、試合は見に行くけど、

ゴールを決めた時以外は

何も言わなくなりました。

 

今、その息子も小学5年と高校生。

 

周りを見渡すと、

ただ黙って静かに息子たちの

プレーを見守っている親ばかり。

 

みんな、どこかの時点で、

私と同じようなことを息子達に

言われたんでしょうね。笑

 

そう、子供達は頑張ってる!

言われなくても、頑張ってる!

子供それぞれのペースで。

 

それが、他の子供と「比べて」

頑張ってないように見えたとしたら、

 

その時、親の私たちが気づくべきなのかも。

 

あ、わたし、我が子を他の子と比べてる。って。

 

この「比べる。」というクセ。

本当に意識して無くしていかないと、

自分も子供も、みんなが不幸。。。

 

何かと比べて、自分に、子供に、

優劣をつけている限り、

 

終わりのない

 

「自分は足りてない」症候群。

 

比べる対象がいないと、

自分の位置が、

子供の位置が

見えない。。。わからない。

 

それは、何かと比べている限り、

自分の本当の姿も

子供の本当の姿も

見れてない。ってことと同じなんだと思う。

 

鏡に映った我が子の姿を

マジマジと見いっている母親のすぐ隣で、

 

すぐ横に立ってる自分を見て!と、

あなたの顔を見上げてるのかも。。

 

まぁ、私は、いまだに「オフサイド」もわからない

サッカー音痴なので、

 

そんな奴に「シュート!」とか

偉そうに言われたくないだけかもだけど。。。

 

今月は運動会シーズン!

 

 

どう声かけするか、要注意ですよ。

みんな必死に走ってる!

 

「だったら、お前走ってみろよ。」

って言われないようにね。

苦笑。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール


4人の子どもと旦那さんの6人でアメリカ在住。
地元でYOGAed.キッズヨガクラスを開催しながら、日本でキッズヨガインストラクター養成講座を開催するトレーナー。
そして、産前産後のママ達に、骨盤調整ヨガを指導させていただいています。

もっと詳しく見る

YOGAed.キッズヨガ(PI1&2)開催

2018年7月、アメリカで生まれたYOGAed.講師養成プログラム、プロフェッショナルインスティテュート1、2が連続開催されます! もっと詳しく見る
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る