猫背、反り腰の本当の原因とその超カンタン改善法?

ゆきこです。

こちらアメリカ東海岸は、

急に寒くなってきて、

急に秋めいてきました。

来月10月31日はハロウィーンなので、

オレンジ色のパンプキンが

あちらこちらで目につくようになってきました。

 

 

うちの息子は、今年のハロウィーンは

おじいさんになる。と言ってます。

今日は、おじいさんの背中。

どうして、齢を重ねると猫背になってしまうのか。

がテーマです。

 

 

 

なぜ猫背になるのかな?

その本当のきっかけってなんだと思います?

腰の曲がったおばあさんだって、若い頃は、きっと腰もシャキッと伸びていたんですよ。

でも、気づいたら、、、おばあさん。。

 

その初めのきっかけは、、、。

 

 

呼吸!

 

口呼吸です。

 

ほら、今、スマホでこのブログ読んでるあなた!

そのまま自分の口を触ってみて!

 

口が開いてませんか?

 

もし、口が少し開いてたら、きっとあなたも口呼吸派〜!

 

 

 

 

 

人間は、緊張したり、ストレスを感じた時って、

必ず口呼吸になるんですね。

口呼吸は鼻呼吸に比べると、圧倒的に

呼吸が肺に入る量が少なくなちゃうんですよ。

それに、猫背とは関係ないけど、

口呼吸の人は鼻呼吸の人より

断然風邪引くし、虫歯になりやすいですしね。

ほら、雑菌がダイレクトに口の中や体の中に

入りますからね。。。

 

そうすると、肺が大きく広がらないから、肺の周りの胸の筋肉、背中の筋肉も十分に動かないので、

だんだんと硬くなっていきます。

 

こうして胸の前の筋肉が硬くなっていくと、

さらに肺が硬い筋肉に押されて大きく膨らまなくなって、

さらに呼吸は浅くなっていきます。

 

そうなると、呼吸が浅いので、血流に十分な酸素が届かないため、

筋肉に十分な栄養が届かず、筋肉はますます硬くなっていきます。

という負のスパイラルに入ってしまうわけです。

 

また、胸の中心から肩先に向かって横に走る筋肉が硬くなって短くなっているので、

肩が筋肉に引っ張られて、内側に入ってしまうため、

背中がまあるくなり、

猫背になります。

なので、背中の筋肉は、いつも

引っ張られた状態で硬くパンパンになってるわけです。。。

 

では、逆に、この胸の筋肉が硬くなったまま、良い姿勢を保とうと無理に胸を開いた姿勢をとると

 

肩は内側に入ったままなので、腰をそってお腹を突き出して胸をはるから、一見姿勢が「良さそうな」姿勢をとるわけです。

でも、実は、腰が反って、腰骨はグシャッと潰れた状態

これでは、腰痛まっしぐらです。

 

猫背&反り腰予防法

 

まずは、

1。口を閉じて鼻呼吸する。

できれば腹式呼吸がいいですね(吸ってお腹が膨らみ、吐いてお腹が凹む)

 

2。胸周りの筋肉をマッサージする。

鎖骨とバストトップの間を左手で右の脇の下から中心まで。

右手で、左の脇の下から中心までを

しっかり指の腹を使って、ゴリゴリマッサージします。

 

鎖骨のすぐ下

ここをグリグリやって、痛みがある人は、

筋肉が硬くなっているので、

痛くなるまで、毎日ちょこちょこマッサージ

するといいですよ。

 

また、脇の下もシッカリとマッサージ

してくださいね。

 

脇の下に張ってる感覚がある人は、

リンパの流れがよくないので、

 

マッサージして詰まりがないように

してあげてください。

 

たったこの脇の下マッサージだけで、肩こり、首こり、

頭痛がよくなること多いです。

 

話が脱線しました。。。汗

 

上の2個をやった上で、

3。肩甲骨を少しだけ寄せるようにする。

 

で、最後に、、、。

4。おへそを少し背中側に引き寄せる

 

 

これだけ!

 

この4つのクセを身につけたら、

あなたが70歳になっても、

シャキッと腰が伸びた素敵な

腰痛知らずのおばあさんになってること間違いなし!

 

女性は、死ぬまで女性。

美しく!健康にいたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

LINE@でもお問い合わせできます!

LINE@ならお問い合わせもカンタン!一対一のメッセージで返信いたします。

メルマガとは違うLINEだけの限定無料配信もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です