骨盤が歪む理由とストレートネック

ゆきこです。

骨盤が歪むってどういうことでしょうか?

 

 

骨盤の歪みは、日常生活でのクセやスポーツ

による動きなどで、どんな人にでも起こることです。

 

いつも同じ側に体重かけて立ったり、

座っている時にいつも同じ足を長時間くんだり、

同じ肩にバッグをかけたり、、、などなど。

 

私たちの体は、常にバランスを取ろうと

してくれてますから、上半身が後ろに傾いていたら、

頭を前に出して後ろに倒れないようにしてくれたりします。

 

そうすると、、、、。

そう、ストレートネックの誕生です。

 

ストレートネックは、ご覧の通り、顔が前に落ちて

しまってますよね?そうなると、ボーリングの球と

同じくらいの重さの頭を支えようと、

 

肩や背中の筋肉が頑張って後ろに引っ張ろうと

頑張るんです。

 

 

こんな状態が起きてる間ずっと続くんです。

 

そうなると、背中や首が常にパンパン。

筋肉が硬くなって、

そしてそこの筋肉が動かなくなるので、

 

それを補うために腰の筋肉が働き過ぎ、

そこもまた緊張し収縮するので、

 

骨盤を必要以上に引き上げて、反り腰。

にもなるし、骨盤を引き下げて

猫背にもなってしまいます。

 

ウィンドーショッピングをするときなど、

チラッとお店のウィンドーに映る自分の

横からの立ち姿勢をチェックしてみてください。

 

肩の真上に耳がきていますか?

をぜひチェックしてみてくださいね。

 

ところで、

さて、骨盤が歪むのはなんでだと思います?

 

骨盤を歪ませるもっとも大きな原因は

「筋肉のバランスの悪さ」です。

 

その原因になるのが「姿勢の悪さ」なんですね。

 

筋肉バランスの悪さ

左右、前後の筋肉がバランス良く使われていないと、

 

筋力が偏ってしまうので、骨盤を支える筋力が弱く

なって弱い方へ骨盤がずれたり、

 

または、逆で筋力が使いすぎによってキュッと縮んで

硬くなって、片方の骨盤を上に引っ張って反り腰になったり、

 

または筋力が伸ばされた状態(猫背)で、

骨盤を下に引き下げてお尻が落ちたり。となるわけですね。

 

姿勢の悪さ

立つ、座る、歩く、寝るときにとる悪い姿勢は、

骨盤に負担をかけます。

 

運動不足

運動不足な生活を続けていると、

骨盤を支える筋力も低下するので、

骨盤が支えられなくなってしまうんです・

 

睡眠不足

人間の体は、睡眠時に疲労を回復させて、

寝返りを打つことによって一日の疲れや

歪みを調整する自己修復機能が備わってますが、睡眠不足ではうまく機能できません。

 

 

栄養のバランスの悪さ

私たちの体を構成する骨や筋肉は、

私たちが食べたものでできます。

 

よって、栄養のバランスが悪いと、骨や筋肉も弱っていっちゃいます。

とても当たり前のことなんですが、

つい忘れちゃいますよね。。

 

上記の5つのどれかに、ヤバっ!と思った方は、

ぜひ、できることからでいいので、

日々の生活を少しだけ改善できないかやってみてください。

 

例えば、、、。

✴️今より1時間早く寝るようにする。

✴️立つ、歩く、座っているときの姿勢に注意する。

✴️1日30分は歩くようにする。

✴️タンパク質やカルシウム、野菜を多めにとるようにする。

などなど。

そういった日々の小さなクセづけで、

体調ってどんどん良くなっていきます。

 

そして、一番知って頂きたいのは、

あなたの身体の不調は、あなたのせいではありません。

あなたが頑張ってる証(あかし)です!

 

だから、そんな頑張ってる自分をどうか「癒して」あげてください。

骨盤は、私たちがこの世に生まれてきた場所です。

大事に大事に、骨盤を調整することは、

自分を癒し、自分をもっと愛することに繋がります。

 

Follow me!

お気軽にLINEでお問い合わせください。

LINE公式アカウントなら、お問い合わせもカンタン!
一対一のメッセージで返信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です