ほうれい線対策には、高級クリームより内転筋の超簡単筋トレ!

トシを重ねると出て来る鼻の横を

縦に走るほうれい線

 

鏡の中に映る自分の顔にうっすらと

「線」を発見した時のショックたるや。。。(笑)

 

でも、このほうれい線。

実は、薄くしたり、さらにクッキリ顔に刻まれるのを

遅くさせることは全然できるんですね。

 

今日は、このほうれい線と深いかかわりのある

内転筋の超簡単トレーニング法をご紹介します。

 

なぜほうれい線ができるのか?

では、なぜほうれい線ができるのでしょう?

ザックリいうと以下の6個です。

でも、どんな高級クリームを使って肌の乾燥や紫外線を防いだとしても、

食生活の偏りと筋肉不足を改善しないと、なんの効果もないです!

 

1。肌の乾燥

2。紫外線

3。喫煙

4。食生活の偏り

5。むくみ

6。筋肉不足

 

ほうれい線と食生活の関係

パンやご飯、甘いお菓子など、炭水化物=糖分が大好きな人は、

ほうれい線が早く現れます。

これら糖分を多く摂取すると、糖化現象(血糖値の急上昇)が起きて、

肝臓に負担をかけるため、本来肝臓の働きである腸内の解毒作用まで

間に合わず、その毒素が体内へ戻っていってしまうのです。

 

こうして便秘症になり、腸壁からも解毒されるはずの

毒素が体内へと戻っていき、色々な不調の原因となります。

 

また、糖質は水分を多く取り込む性質があるため、

顔がむくみます

このむくみが頬の重さとなりその頬が下がるから、

ほうれい線ができるわけですよね。

 

そして特に女性に多い「菓子パンとカフェオレ」や、

 

「おにぎりとお茶」など

 

 

のタンパク質が異常に少ない食生活をしていると、

筋肉がどんどん減ってしまい、顔の筋肉が下がり、

張りやツヤ(ビタミンC)もなくなり、ほうれい線誕生!

となっていきます。

 

ほうれい線と内転筋の関係

胃や腸が弱いと、ほうれい線が出来やすくなります。

 

なぜかというと、、。

顔の筋肉は、どこで引っ張られてると思いますか?

 

それは、顔から額、頭皮を通って後頭部、首、背中。。。。

そう!僧帽筋です。

 

僧帽筋が顔の筋肉を後ろへと引っ張りあげることによって、

顔全体を引き上げているんですね。

 

だから、顔の筋肉を引き上げるためには、

顔だけじゃなくて、僧帽筋、ひいては体全体の筋肉量がとても大事になります。

 

でも、消化器系が弱い方は、栄養が十分に吸収できないため

筋肉量が少ないんです。

 

❌痩せてる=若い。

 

という構図は30以上にはもう通用しないんですね。涙。

 

で、この胃や腸の働きと直結してくる筋肉が、

内転筋(内モモの筋肉)です。

内転筋の筋肉を活性化すると、

 

すぐ上にある骨盤底筋群を刺激し、その骨盤底筋群は、

その上の消化器系内臓を横隔膜より下で、

浮かぶように支えているインナーマッスルを活性化し、

胃腸の働きを活性化します。

 

内転筋の超簡単トレーニング法

では、内転筋の超簡単トレーニング法は、いつでも、どこでもできます。

 

1。腰幅で足は平行にして立ちます。

2。足を動かさないまま、内くるぶしを内側に寄せるようにする。

3。そのまま両足裏で床を押すように立つ・

(内モモを触ると、硬くなっているのがわかると思います。)

4。骨盤底筋群(膣、または肛門を閉める感覚)を閉める。

5。骨盤を後ろに倒さないように注意しながらおへそを背中側にヘコませる。

6。そのままおへそを5せんち上へ引き上げる。

 

この立ち方を一日いつでも、電車待ちで、

エスカレーターで、つり革に捕まって、座って。。。

と、いつでもこの立ち方を意識するようにしましょう。

 

すると、内転筋が活性化されて、内転筋が発達することにより、

胃腸の働きがよくなり、便秘も解消されます。

 

そして、インナーマッスルが刺激され、

筋肉量が増えることにより、僧帽筋、

顔の筋肉も発達して、ほうれい線も目立たなくなっていきますよ!

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール


4人の子どもと旦那さんの6人でアメリカ在住。
地元でYOGAed.キッズヨガクラスを開催しながら、日本でキッズヨガインストラクター養成講座を開催するトレーナー。
そして、産前産後のママ達に、骨盤調整ヨガを指導させていただいています。

もっと詳しく見る

YOGAed.キッズヨガ(PI1&2)開催

2018年7月、アメリカで生まれたYOGAed.講師養成プログラム、プロフェッショナルインスティテュート1、2が連続開催されます! もっと詳しく見る
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る