昆布はどうして海でダシが出ない?

言われてみると、確かに。。。

って思いませんか?

 

 

どうして昆布は、海の底で漂っている時、

海にダシが出ないのか?

???

 

 

他にダシが出るものと言えば、、、。

鰹節、煮干し、干し椎茸。。。。

 

共通点は?

そう!

水分が完全に枯れている!

 

ですよね?

 

体の水分が全部枯れた時、

昆布から初めて出汁=旨味が出始めるんですね。

 

 

これって、人間もまさに同じだと思いませんか?

 

 

若い頃は、私たち、何かと、自分に何かを「足す」ことに一生懸命でした。

 

知識を身につける。

お化粧を覚える。

洋服に目覚める。

ブランドバックを買う。

友達を増やし(足し)、、、、、。

ある人は仕事でキャリアを積み、

ある人は結婚し伴侶を得て、

ある人は出産して子供を産んで。。

ある人は家を買い。。。

 

 

でも、そうしてトシを重ねていき、

肌から水分も減ってくる頃。

人生後半になって行くと、、、。

 

私たちがすべきことは、

自分のスペックを上げるために

さらに何かを足すことじゃないんです。

 

昆布が、自分からダシ=旨味を出すために、

自らの体から水分を抜くように、

 

私たちは、自分の旨味を出すために、

自分の両手に抱えきれないほど持った

持ち物の中から、

 

どれが自分にとって大事で、

どれが不要かを見極めて

 

不要と思うものは手放していく。。

 

食事も同じ。

何を食べて、何を食べないか。。。

不要なものは手放す。。。

 

ことが必要なんだと思うんです。

 

これから大事なのは、

掴む事じゃなくて、

手放すこと。。。

 

だって、もうあなたはすでに

「旨味」を持っているから。。

 

ただ、両手にいろんなものを持ち過ぎて

それにまだ気づけていないだけで。。。

 

もうとっくに持ってるんですよね。

 

とっくに。。。

 

 

 

それは子供たちも一緒。

 

本当は、子供達だってもう旨味は

持って生まれてきているのだと思います。

 

人生はそれに気づくためのもの。なんだと思うんです。

 

それに気づかせるために、

神様は、私たちになんども試練を与えて、

なんども失敗させて。。。

 

そうやって、

自分からはもう何も出ないよー!泣

これは完全にオレの負けだ!涙

って白旗降るような失敗というか

どん底(と感じるような)な経験をした時、

 

その子供の旨味がジワっと顔を

出すんじゃないかなぁぁ、、、と。

 

だから自分の子供には、

失敗を恐れて欲しくないし、

 

母である私も、その失敗を

よっしゃーー!と

隠れガッツポーズで密かに祝ってやりたい!

 

 

 

海の昆布はなぜダシが出ないか?

 

ぜひ今夜の食卓で、子供達に聞いてみてください。笑

 

 

 

 

 

Follow me!

LINE@でもお問い合わせできます!

LINE@ならお問い合わせもカンタン!一対一のメッセージで返信いたします。

メルマガとは違うLINEだけの限定無料配信もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です