ナニをやっても続かない?。。。の原因はコレ!

もうすぐ2017年も終わり。

2018年には、今年の目標を決める方もいらしゃることでしょう。

ダイエットするぞー!

英語勉強するぞー!

毎朝○時に起きるぞー!

 

などなど。。。

 

でも、1週間後。。

 

続かない。やる気が起きない。。。

意志力が枯れちゃってる。

 

あーーーー、私は何やっても続かない!

私はダメな人間だ。。。

 

なんて、自分を責める必要は全くないんです。

 

なぜなら、その原因はあなたのせいではないから。

 

うん?ならナニ?

 

それは、、、、。

 

エネルギー切れ。=アドレナリン不足。

 

アドレナリンとは、

私たちの筋肉を戦闘体制に入るよう

緊張させて、血管を収縮させるホルモン。

 

本来、アドレナリンていうホルモンは、

昔、原始時代、生命の危機を感じた時に

その危険を避けるために

爆発的な力が出るように

分泌されるものだったんです。

 

要は、「火事場の馬鹿力」ってヤツですね。

 

ところが現代は、命の危険がない代わりに

アドレナリンを出させるような強い刺激が多すぎて、

アドレナリンが出っ放し状態なんですね。

 

昔は、「マンモスが来たぞー!」と言って

村人たちはアドレナリンを出して一目散に逃げる。

ということがありました。

 

でも、それが、一日に

10回も20回も言われたとしたら、、、。

どうなると思いますか?

 

 

逃げよう!と思っても、

なかなかアドレナリンが出にくくなるんです。

 

同じように、ホルモンを出す臓器も、

なんども繰り返されると、出てくるものがない。

枯渇している状態になる。

 

その結果、集中状態=本当に何かを

しなくてはいけない時に、

その力が残っていない。できない。

 

という状況が起こるんです。

 

アドレナリンが出るところを

アドレナルグランド(=副腎)と言います。

 

副腎から出てくるホルモンには、

アドレナリンの他にも主に以下のものがあります。

 

集中状態を作るため、意志力を持続するために

出ているホルモンとして、、

 

*ノルアドレナリン 攻撃ホルモン

血糖値を上げて、力を発揮できる

ようにさせるホルモン

 

*ドーパミン  やる気ホルモン

何かをやり遂げたい!と、

行動に駆り立てるホルモン

 

*コルチゾール ストレスホルモン

ストレスがかかった時に、ストレスに耐えて、

自分が生き抜くためのホルモン

 

これらのホルモンが刺激により

常に出続けている状態が続くと、

ホルモンが枯渇して、

本当に集中して力を発揮しないといけない場面で、

ホルモン不足のエネルギー切れの状態

になってしまうわけです。

 

日常的な刺激の連続により

副腎が疲れ切ってしまっている。

そして、副腎が活動し過ぎたら、

以下のような症状が起こると言われています。

 

✅  目覚めた後にスッキリしない。

✅  やる気が出ない。

✅  コーヒーを飲まないとやる気が出ない。

 

カフェインを飲まないとやる気が出ないというのは、

ウソで、

実は、自分が出す力がないから

カフェィンを取りたくなってしまうだけなんです。

 

もっと気にしないといけないのは

外部からカフェイン(刺激)を取ることによって、

さらに副腎でやる気ホルモンや

ストレスホルモンを分泌する力を

弱めてしまっているんです。

 

✅ お酒がやめられない。

✅ 便秘、冷え性。

✅ 肌の調子が悪い

✅ 腰痛、肩こり、リウマチ等

✅ 更年期障害

✅ 夜中3ー4時間で目を覚ます。

✅  疲れてるのに寝られない。

✅  ちょっとしたことでヒステリーを起こす

✅  プレッシャーがかかると思考が混乱する。

✅  何もする気が起きない。

✅  気分が落ち込みやすい。

 

これら全て、エネルギー切れ=副腎が疲れちゃってるっていうサインです。

あなたのせいじゃないんですーーー!

 

 

どんな刺激が副腎に悪影響を及ぼしているのか。。。

その原因は大きく3つあると言われいています。

 

1。何か来るんじゃないかという

予感による緊張状態で、常にストレスがかかっている。

*メールチェック

*電話がかかって来るんじゃないかという緊張感

*SNS

これは、常に副腎が緊張状態が続いています。

 

2。バーチャルな恐怖

自分があたかも生命の危機に瀕していると勘違いして、

ホルモンが常に反応し、戦闘ホルモンが出てしまい

目の前にある大事なことに集中できない。

*テレビのニュース(殺人事件、戦争など)

*ゲーム

 

3。毒物

私たちの体が本来消化していなかったもの。

*加工食品

*合成添加物

*タバコ

これを消化しようとすると、

大変なエネルギーと酵素を使うんです。。

 

または、見過ごしがちですが、

*睡眠中の光、音

*重金属

からの刺激も私たちを疲れさせています。

 

では、どうすれば副腎を元気に

することができるのか?

 

一番最初にまずやるべきこと。

 

1。快便を心がげた食生活をする。

 

想像してみてください。

食事をする時に

真夏の炎天下36度の家の外に、

前の日の食べかすが残ったままのお弁当箱。

 

これは、一日以上便をしていない時の

あなたの腸の中です。

 

 

どれだけ腐った状態か、、、。

保存料の入ってない食物なら、

確実に腐敗している。

その腐敗したものが

あなたの体の中にあるんです。

 

毒物が体内にある状態。

その毒素がまた腸壁から体内へ

と回っていくんです。

 

なので、できれば一日3回。

または最低一日1回。

の快便を目指しましょう!

 

 

2。完全にオフラインになる時間を持つ。

スマホ、インターネットをオフにする。

メッセージが来るかもしれない。

という無意識の意識が、

あなたの副腎を緊張状態にしています。

 

*自分の大事な仕事が終わるまでは、

スマホをオンにしない。

*メールチェックの時間を決める。

*昼間、何時間だけはメールを

チェックしない。と決める。

*夜は、スマホの電源を完全に切る。

*パソコンも全てのウィンドウを

閉じてオフラインにする。

*寝る時は、室内の光を全てオフにする。

 

あなたの副腎にかかる絶え間ない刺激が副腎を疲れさせていたために、

やる気ホルモン、ストレスホルモン、攻撃ホルモンが分泌しない原因になっていたんです。

これをまずは解消してあげましょう。

 

また、一気に全てを変えようとすると

脳が抵抗します。

 

なので、脳にあなたの変化を気づかれないように

一個ずつ。一個ずつ。増やして言ってくださいね。

 

これで、来年のあなたの目標は、

もう叶ったも同然ですよ!!笑

 

このブログの読者になる(こちらをクリック)

Follow me!

お気軽にLINEでお問い合わせください。

LINE公式アカウントなら、お問い合わせもカンタン!
一対一のメッセージで返信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です