体が柔かくなりたいなら、ココを伸ばす!腰痛対策にも効果的。

体が柔らかくなりたい!って思っている人

多いと思います。

 

「ベターっと開脚」

という本もとてもよく売れましたね。

 

体が柔らかい、硬いって

股関節とか、関節が硬いと思っている人が

多いようですが、

 

違うんです。

 

原因は、体の背面の筋肉が硬いからなんですね。

 

例えば、両足を前に出して座り、前屈するポーズ。

 

 

あれは、股関節が硬いから

両手が足のつま先に届かない。

 

のではなくて、

 

モモの裏の筋肉やお尻、

膝裏、ふくらはぎなどの筋肉が

硬いから

伸ばした両手が前に伸びていかないんです。

 

だから、体を柔らかくしたい人は何をすればいいか?

 

モモや膝裏、ふくらはぎをしっかり伸ばすことです。

 

ふくらはぎが硬い人は、

大抵足首も硬いです。

だから、まずはしっかり足首を

柔らかくすることがとても大事!

 

右足を左足のモモの上に4の字で

置いて、手の指を足指の間に奥まで

シッカリと入れて

足のつま先をギュッと掴み、

グルグル足首を回す。。。

 

これだけでもふくらはぎの動きは

とてもよくなります。

 

もちろん、歩く。のもとても効果的!

 

でも、その時、

すり足のように歩くのではなくて、

シッカリかかとで(つま先を上にあげて)地面に着地して

着地したと同時に足の甲に体重を載せるようにして

足全体を着地させるように意識することです。

そして、最後は親指で地面をけって、反対の足を前に出していく。

 

この歩き方ができるようになれば、

足首、ふくらはぎ、膝裏、モモ裏もシッカリ使えて

伸ばすこともできるので、

前屈も深くできるようになっていきます。

 

そして、暇があったら、

 

壁を背にして立って、

お尻が壁から離れないようにしたまま

前屈する。

 

手が床につかなくても大丈夫。

右手で左のヒジ。

左手で右のヒジを持って、

ただ、ダラーンと上半身の力を抜いておく。

お尻が壁から離れないようにだけ注意です。

 

これを一日1−2分を2−3回するようにすると、

モモ裏、膝裏、どんどん伸びて、

体が柔らかくなっていきます。

 

血流も顔に戻るため、肌のシワも目立たなくなり、

とても張りが出てきますよ。

 

ただし、起き上がる時、ゆっくり起き上がること。

そして、目の病気がある方は、目を圧迫するので避けるようにしてください。

 

お尻から下の筋肉が柔軟になってくると、

腰や背中、肩の筋肉が下方向に引っ張られなくなるので、

腰痛や肩こり、猫背も劇的に改善します。

 

一日3回。壁にお尻をつけて、ブーラブラ。

ぜひ試してみてください。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール


4人の子どもと旦那さんの6人でアメリカ在住。
地元でYOGAed.キッズヨガクラスを開催しながら、日本でキッズヨガインストラクター養成講座を開催するトレーナー。
そして、産前産後のママ達に、骨盤調整ヨガを指導させていただいています。

もっと詳しく見る

YOGAed.キッズヨガ(PI1&2)開催

2018年7月、アメリカで生まれたYOGAed.講師養成プログラム、プロフェッショナルインスティテュート1、2が連続開催されます! もっと詳しく見る
2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る