30過ぎたら、痩せたかったら食べる!基礎代謝をあげる方法とは?

こちらアメリカは、夏のような陽気と思った翌日が冬のように寒くなったりと、寒暖の差が激しい日が続いています。

痩せるためには食べることが大切だというお話。

 

そう、食べること。

 

でも、その中身が大事。でした。

きちんと3食。

野菜、タンパク質、炭水化物、海草、きのこ類を腹八分目で食べるように心がける。

そして、食事と食事の間(10時、午後3時頃)におやつタイムとして、野菜や果物を食べる。

そうすると、常に胃腸が消化活動をしているので、消化にもエネルギーを使いますから、常にカロリーが消費されている状態を作るってことです。

30代を過ぎてのダイエットに一番大事なことは、

基礎代謝をあげることなんです。

ただでさえ、加齢とともに基礎代謝が落ちてきますよね。

食べたらすぐに体重増になったり、またはダイエットしてもなかなか体重が落ちなかったり、、。

これ全て、基礎代謝が落ちてきていることも原因の一つです。

基礎代謝とは、日常生活で自然と消費するカロリー。

ということです。

それにはまずきちんと食べることだったんです。

バランスの取れた3度の食事をきちんと摂る。

これを気をつけるだけで、今ままで食事はトースト1枚で終わり。

のような生活をしていた私は、1週間で1キロ落ちました。

特にお腹周りの脂肪が少しスッキリしました。

 

食事の基本的メニュー

朝 何もお腹に入れる前に、大きなマグカップで白湯にレモン汁を絞って飲む。

朝食;野菜、タンパク質(肉、魚、納豆、豆腐など)、炭水化物(ご飯、パン等)、フルーツ、水マグカップ1杯

おやつ;水1杯、フルーツ(こぶし一個分)

昼食;野菜、タンパク質、水一杯

おやつ:野菜(プチトマトや野菜スティック)、水1杯

夕食:野菜、タンパク質、水一杯

今までは、忙しいからとトースト1枚とかおにぎり一個とかで済ませてきた方は、それにプラスして、

野菜やタンパク質を少しでもいいから取り入れるようにしましょう。

そして、運動。

痩せたい!と思うと、ついつい有酸素運動!と思ってしまいがちですが、

実は、痩せるためには、基礎代謝をあげることがとても大事です。

だから、有酸素運動よりも筋トレをすることがとても大事なんですね。

筋肉がつけば、その筋肉がカロリーを勝手に消化してくれる体になるんです。

筋トレと体全体を調整できる骨盤調整ヨガはピッタリですよ。

骨盤の歪みを直しつつ、コアマッスルをしっかり鍛えられるからです。

コアマッスルが安定すると、姿勢が良くなるだけでなく、お腹のポッコリも無くなります。

骨盤調整ヨガに通えない方は、おうちで腹筋運動をしましょう。

でも、毎日やらなくていいんです。

週に2日。でも、シッカリ筋肉痛が残るくらいの運動を目指しましょう。

そして有酸素運動を、週1回。

ウォーキングかジョギング、ズンバなど

例えば、

月;筋トレ

水;ウォーキングかジョギング

金;筋トレ

こんな感じです。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

LINE@でもお問い合わせできます!

LINE@ならお問い合わせもカンタン!一対一のメッセージで返信いたします。

メルマガとは違うLINEだけの限定無料配信もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です