夏なのに手足が冷える?原因と改善法を知り太りにくい体へ。

だんだん季節が暖かくなってきて、こちら東海岸ニューヨーク近郊は、春を飛び越えてもう夏のような気温です。

ついこの前までの雪に囲まれた冬が嘘のよう。。いっせいに木々の枝が芽吹いて街は緑色に変わりました。

夏になると、冷え性が酷くなることがあります。

というのは、室内のクーラーです。

映画館やレストラン等、公共の施設のクーラーの温度設定がメチャクチャ低いので、

それこそ、映画館に上着を持っていかないと2時間座っていたら、私はほとんど凍死状態です。

そのぐらい室内のクーラーが寒いんです。

でも、外は夏。暑いので、ついつい薄着になります。

なので、実は夏の方が冬よりも手足の冷えで悩んでいる人が多いようです。

「冷え。」をあなどるなかれです。

私たちって、手を切ったりして血が出たら、慌てて絆創膏貼ったり、

熱が出たら、解熱剤飲んだり横になったり、

お腹が痛かったら、胃腸薬飲んだりしますが、

冷えは、そのまま放置すること多くないですか?

でも、この冷えこそが、万病のもと。

改善するように何か対処してあげないと、体のいろんな所に悪影響が出てきます。

冷えの原因

*血流が悪い。

血流の流れが良いと、血液が熱を体の末端まで運んでくれます。

でも、血流が悪いと、体は自分の体の一番大事な部分=つまり内臓に血液をまず集めて、

体を守ろうとするんです。

すると人間の生命に直接関わらない手足への血流が足りなくなり、

手足が冷えてしまうんですね。

*基礎代謝が低い。

血流が悪くなると、食事で摂取した栄養も体の末端まで運ばれません。そして血流が届かないということは、老廃物が溜まります。そうなると、さらに血流が悪くなってしまうんですね。そうすると結果的に冷えへと繋がります。

基礎代謝とは、体が食べ物を消化したり呼吸したり、体温を維持するために必要な熱量のことです。

*筋肉量の低下

女性は男性に比べて、筋肉量が少ないため、基礎代謝が低くなります。

運動不足や食事を減らすダイエットを長く続けている人は、筋肉量が少なくなり、基礎代謝が減る→血流悪い→冷え。となるんです。

自律神経のアンバランス

いつもストレスの多い毎日を送っていると、副交感神経(リラックス)より、交感神経(緊張)が高くなり、このアンバランスが、筋肉に緊張を起こし、血管を狭め、血流を悪くするんですね。血流が悪くなるから、筋肉がさらに硬くなって、その筋肉の硬さが骨盤を上にひっぱたり、下にひッぱたり、、、。とそして骨盤も歪んでいくわけです。

特に夏は、外と中の温度の差が激しく、この温度差が自律神経のバランスを悪くさせる原因でもあるので、夏は要注意なんですね。

*女性ホルモン

ホルモンの分泌が悪くなると、やはり血流、冷えの原因となります。

冷えを改善するにはどうすればいいの?

*なにはともあれ、まずは冷えている手足を温めるましょう。

冷えている箇所を温めて、そこの血流をよくする。

*お腹にカイロを当てる。

お腹が温まると、内臓が温まります。そうすると、内臓に集中していた血液が、「僕たちはいらないんだね。」と言いながら、元の持ち場(手足)へと戻っていくのです。腰痛にも聞きますよ。

 

*筋肉をつける。

「ダイエット」と聞くと、みなさん、すぐに「有酸素運動」、「ジョギング」と連想してしまいますが、

ダイエットもそうなんですが、冷え対策を考えるなら、まずは、「筋肉」!です。

筋肉をつけて、基礎代謝をあげること。

これが何より大事です。

それには、腹筋運動やスクワット、腕立て伏せのような筋肉運動を行って筋肉をつけましょう。

 

*水分補給

たっぷりのお水を飲みましょう。

できれば白湯(40度程度)を2−3リットルは飲みたい!です。

体に滞っているドロドロの血液をサラサラにしてあげれば、末端まで血液が回るようになりますね。

 

*冷えを改善するツボ

三陰交(さんいんこう)

内くるぶしの上に指を揃えて手のひらを置き、小指が内くるぶしの一番出っ張っている所に手のひらをずらし、その時、内くるぶしから上に上がった人差し指のすぐ上の部分を軽く刺激します。

ここは子宮周りの女性にとってはとても大事なツボなので、子宮内膜症や生理が辛い方にもとても効果が高いです。この部分を冷やさないように、いつも注意しましょうね。

最後に、冷えをあまく見てはいけません!冷えを改善するだけで、どれだけ体全体が健康になることか!

骨盤の歪みだって、冷えが原因の方がとても多いです。

もし、手足の冷えが気になる方は、週1回の汗ダラダラ流す運動より、日々の白湯や日々のストレッチや腹筋運動の方が数段効果が高いですよ。

ぜひお試しくださいね。

Follow me!

LINE@でもお問い合わせできます!

LINE@ならお問い合わせもカンタン!一対一のメッセージで返信いたします。

メルマガとは違うLINEだけの限定無料配信もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です