子供も大人も簡単白湯瞑想!内観力を鍛えながら冷え性も改善

先週金曜日に、キッズヨガクラスがありました。

最近は、呼吸法もみんなわかってきて、呼吸法の名前をいうだけで、自分たちでできるようになりました。

私が教える施設に放課後来る子供たちは、家庭的に色々問題を抱えている子供が多いです。

隣のヨガマットに座る子供と手が触れただけで、「Don’t touch!」「触らないでー!」と、叫ぶ子供も多いです。

人と触れ合うのが嫌い。

逆に普段の生活で、人と触れ合うことに良い経験がないのかも知れません。

こういう子友達にとっては、

 

人と触れ合う時=叩かれる時

 

また、ヨガマットにジッとしていることも至難のワザ。

彼らにとっては、とても苦痛なことなんです。

これは、一概にこう!と一括りには言えませんが、

ジッとするって、大人でも大変に感じることありませんか?

忙しい時。

悩んでいる時。

つまらない時。

でも、一番の原因は、、、、。

 

自分の心を見たくない時。

 

そう、自分の本当の心を見るのって、とても勇気のいることなんですね。

特に、自分の良くない(と自分が信じている。)ところを見つめるのは、とてもイヤですよね。。。辛いですよね。

ジッとしていると、やることないから、つい自分の心を見ちゃいます。

それがとても辛いんです。もちろん、無意識ですが。。

だから、子供はジッとしたくない。

そして大人たちは、用事を次々と入れて自分を忙しくする。

To do Listにチェックしているうちに一日が終わるようにする。

でも、この生活を続けている限り、本当の意味での心の平穏はやって来ないような気がします。

 

先日、私のメンターの一人である方から、白湯瞑想なるものを教えてもらいました。

早速今朝からやっています。

①朝起きたら、熱いお湯を沸かして湯飲みに入れる。

②家の中の自分の大好きな場所に行き、座って目を閉じる。

③気持ちいい深い呼吸をしながら、体全体をリラックスし、呼吸の音を聞く。

④ただ、そこにいる。そして自分の中を見ていく。

⑤いろんな考えや悩み、喜び、今日の計画などなど、色々出て来ることを、良い悪いとジャッジせず、ただ眺める。

しばらくすると、湯飲みの中の白湯が飲める程度に冷めてきたら、瞑想をやめゆっくりと味わって飲む。

これを夜寝る直前にも行います。

寝る前は、今日あった出来事、出会った人を思い起こしながら、その人たちに感謝の気持ちを送る。たとえそれがどんなにイヤなこと、嫌いな人であったとしても。

心からの感謝の気持ちを送る。

そして白湯を味わって飲んで、横になる。

 

私は、今日まだ一日目なので、効果のほどはまだわかりませんが、

とりあえず、朝の白湯瞑想を終えて、これきっといい!と感じました。

 

こうやって、自分を内観することが癖になっていくと、

どんなにTo do Listで忙しい日々を送っても、

その波に飲まれずに、日々を慈しんで行きていけるような。。。

そんなちょっと楽しい気持ち、平安な気持ちになれるような気がします。

そして、白湯を飲むことにより、体の末端まで血流が周るため、手足の冷えが劇的に改善します。また、リンパの流れも良くなるため、むくみも解消されます。

瞑想の時間が取れなければ、朝と夜、ゆっくりとフーフーしながら白湯を味わいながら飲む。これだけでも、きっと瞑想をしているような静かな時間が訪れるでしょう。

ぜひ、朝と夜の白湯瞑想。

試して見てくださいね。

 

子供は本当にダイレクトです。

ヨガマットにジッとしていられなかった子供たちも、

一回、瞑想中に自分の心の存在に気づいてしまったら、、、。

目を開けた時の目の輝きといったら。。。。もう言葉になりません。

今夏、YOGAed.キッズヨガ講師養成講座開催決定!

プロフェッショナルインスティテュート1

7月1、2、8、9日の週末のみ4日間

講座内容の詳細はこちらから

YOGAed.講師養成講座お申込みはこちら

Follow me!

LINE@でもお問い合わせできます!

LINE@ならお問い合わせもカンタン!一対一のメッセージで返信いたします。

メルマガとは違うLINEだけの限定無料配信もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です