パサパサの髪、ザラザラの肌、ポッコリお腹。その原因は食生活。

そろそろ夏!

お腹をキュッと引き締めましょう!

それには、昨日もお伝えしましたが、やはり食べること!なんです。

お腹を引き締めるのに、まずは食べろってどういうことよ!

思われるかもしれませんね。

でも、本当。

引き締まったお腹も、ツルツルのお肌も、健康的な髪も。。

すべて、あなたが「食べたもの」でできている訳です。

だから、朝食:トースト、昼食:コンビニのおにぎり。夕食:太りたくないからヨーグルト。

なんて生活をもししていたら、たとえ体重の数値が「46キロ」だったとしても、

お腹はポッコリ、肌はガサガサ、髪もパサパサです。

あなたのダイエットの目的は、それ?

食べるものは、ダイレクトにあなたの体を形作ります。

だから、食べるんです。

体にいいものを!

体が必要としているものを!

食べないといけない!と思うと、

今まで食べないようにしてきた人にとっては少しプレッシャーですよね。

いつもお腹に何かが入ってていいのかな?って。

だからこそ、体にいいものを食べようと思うんですね。

野菜、魚、肉、豆、 海草、少なめの炭水化物。そして忘れちゃならない、水!

そして、その栄養を筋肉にするために、運動をする。

 

運動も、まずは自分の好きなことを見つけましょう。

正直、私は、いわゆる一般的にいう腹筋運動が大嫌いです。

でも、仰向けに寝て、足を上下する腹筋は嫌いじゃないです。

あと好きなのは、昨日も紹介したプランク。

あれは簡単だし動かないし、ものぐさの私にはピッタリ!

で、意外とキツイ!

みなさんにも、それぞれ好みがありますよね?

まずは、いろんな腹筋運動をやってみて、自分が好きな、これなら続けられそうだな。っていう腹筋運動を見つけて、10回から始めてみましょう。

 

 

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール


4人の子どもと旦那さんの6人でアメリカ在住。
地元でYOGAed.キッズヨガクラスを開催しながら、日本でキッズヨガインストラクター養成講座を開催するトレーナー。
そして、産前産後のママ達に、骨盤調整ヨガを指導させていただいています。

もっと詳しく見る

YOGAed.キッズヨガ(PI1&2)開催

2018年7月、アメリカで生まれたYOGAed.講師養成プログラム、プロフェッショナルインスティテュート1、2が連続開催されます! もっと詳しく見る
2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る